【子ども向け】足が速くなる方法について!運動会やかけっこで活躍するためには!?

20081011a

子供のころに誰もが思ったことのあることの一つに

「足が速くなりたい」

というものがあると思います。

小学生や中学生の方などは50m走や運動会など足の速い人が活躍する場が結構多いですよね。

ただ日頃からトレーニングなどをしてまで頑張りたいかと言われれば、
ほとんどの人はそうではないと答えると思います^^;

僕もそうでした。
(足は遅かったです 笑)

そこでこの記事ではそんな人のために簡単にできてなおかつ結果に反映されやすい、そんな足の速くなる方法を紹介していこうと思います!

スポンサードリンク

走り方について

image (2)

まずは走り方についてです。

多くの人は走る時特にフォームなどを気にすることはなく、
とりあえず全力で走っていると思います。

陸上選手でもない限りそうですよね。^^;

ですがやはり「走る」ということも野球やサッカーなどと同じ陸上というスポーツなので、それぞれ正しい形やフォームというものが存在します。

つまりそれを勉強することで周りとの差がつき、
結果的に足が速くなるというわけなのです!

ただいきなり完璧を目指すのも陸上部に所属でもしてない限り厳しいので、
ここでは速く走るためのコツのようなものを紹介したいと思います!

それは何かというと

・地面を強く蹴る
・跳ぶように走る

という2点です!

感覚的には一歩一歩地面を蹴ってジャンプして前に進んでいるというような感じですかね、、、僕だけかもしれませんが^^;

体が前に進むのは地面をけっているからということを理解することが重要です!

体だけ前にいっちゃう人は結構多いのでもしかしたらこれを意識するだけでタイムに差がでてくるかもしれません。

足が速くなる小ワザ!

次からはちょっとした小ワザのようなものを紹介します!

知っているものもあるかもしれませんが、知らなかったものはぜひ一度試してみてください!^^

①ゴルフボールを両手に握って走る

img8fdd776bzikbzj

ゴルフボールを持つことで腕をより速く振れるようになり結果的に足の動きも速くなり速く走れるというものだそうです!

ゴルフボールじゃなくてもそこそこ重くて手に握れるサイズのものだったら何でもいいと思います。

信ぴょう性はあんまりないかもしれません^^;

②輪ゴムを使う

Exif_JPEG_PICTURE

輪ゴムを足首と親指にかけることで足の親指などに意識がいきやすくなり、足が速くなるそうです。

これはこの原理を活かして実際に商品化したものもあるので、
信ぴょう性はそこそこあるのではないかと思います。

また足が速くなるだけでなく、姿勢の矯正や他の運動能力の向上にもつながるようなので、

何かスポーツをやっている方は一度試してみてもいいかもしれません^^

③かかとを地面につけずに走る

L

これは先ほどの走り方のところと同じ原理でそうすることで跳ぶ感覚がより強くなることなどにより足が速くなるという方法です。

ただやってみればわかると思いますがかなり疲れます^^;

あんまり長い距離を走るのは向いてなさそうです。

またドスドスという感じの走り方をしている人はかなり効果があると思います!

④ゴール前で大声をだす

SHURESM58

ゴールに近づくにつれて普通はどうしても疲れて遅くなってしまうのですが、
大声を出すことで体が引き締まってスピードがあがるそうです。

僕にはよくわかりませんがそういう人もいるので一度お試しください 笑

いかがでしたでしょうか?

トレーニングとかではないのでどれもこれもすぐにできるものばかりのはずです。

とりあえずやってみても損はないと思うので一度試してみて、

そうしていくうちに自分に一番合った走り方を見つけるのが一番だと思います。^^