*

朝バナナの効果について!どうしてこれだけで痩せることができるの??

公開日: : 最終更新日:2014/01/07 美容・ダイエット

fc_07t

ダイエット方法の1つとして有名な朝バナナダイエット。

我慢せずできるダイエットとして注目を集めていましたが、

実際のところ本当に効果があるのでしょうか?

スポンサードリンク


朝バナナダイエットのやり方

4902102084642

朝バナナダイエットとは朝食にバナナと水だけにするというダイエットで、

この時バナナは食べたいだけ食べても大丈夫なようです。

また朝にバナナを食べるだけで昼食、おやつ、夕食は普通の量を食べても大丈夫です。(食べ過ぎは当然よくないですが)

もっと細かいやり方はコチラのページに詳しく載っていますので、

是非参考にしてください。

朝バナナダイエットオフィシャルサイト

一体どうしてこれだけで痩せることができるのでしょうか?

それは最も排泄に適している時間である午前4時~正午までの時間にバナナを食べることで

そのバナナに含まれる豊富な酵素の作用により

体内に溜め込んだ毒素をかき集め排出させる効果が期待できるからなのです。


生活習慣の改善にも?

2803303_0

この朝バナナダイエット実は生活習慣の改善にもつながることがあります。

朝にバナナを必ず食べるということは

言い換えれば毎朝必ず起きて朝食をとることになる

ということなのです。

今まで朝食を抜くことが多かった人や

朝起きれなかった人にとってはそれだけでダイエットの効果があると思います。

ちなみに朝食を抜くと太るというのは本当のことです。

朝食を抜くと代謝が低下するためエネルギーの消費効率が悪くなり、

必然的に太りやすい体質になってしまうのです。


バナナのカロリーは??

NTQxMzFiOTFjZDEy

もう一つ気になるものがバナナ自体のカロリーです。

実はバナナは果物の中ではカロリーは高い方ですが、そこまで気にするほどの高くはありません。

大体平均で一本150カロリーほどです。

ですがバナナにはたくさんのカリウムシュウ酸の含有量が多いので、

あまり取りすぎると高カリウム血症や尿路結石を引き起こす可能性も

ないとは言い切れないと思います。

ですので食べ過ぎには注意しましょう。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

imgb84ca2d4zik5zj

髭は抜くと濃くなる??誰も教えてくれない髭の雑学について!

早い方は中学生、遅い方は大学生くらいからだんだん濃くなってくる髭。 特に前者の

記事を読む

セルライトとは 運動や半身浴は逆効果!?

多くの場合は女性に特有の皮膚がでこぼこした感じになるセルライト そんなセルライトと

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

ほうれい線の消し方について マッサージや舌の運動など!!

年齢とともに目立ち始めるほうれい線。 以前よりも深く入ったほうれい線を見て

記事を読む

髪の毛の痛みとは?改善法など チリチリやうねりを修復したい!

人の第一印象を決めるうえでとても重要な役割を果たす髪の毛。 毎日鏡の前で自分の

記事を読む

ヘアマニキュアとは?色落ちや黒髪への使用などについて

みなさんはヘアマニキュアというものをご存知ですか? ヘアマニキュアとは髪の毛の

記事を読む

紫外線吸収剤とは?不使用の日焼け止めがおすすめ!?

これから徐々に暖かくなって外出する機会も増えてくると思います。 ですがその時に

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

絶対にニキビ・ニキビ跡を消す方法!?簡単なことから始めるのが大事

中学生のころなど思春期に多く発生するニキビ。 多くの場合はそこから年齢を重ねる

記事を読む

ジェルの使い方について!【メンズ】髪型をうまくつくるにはどうすればいいの?

男性の整髪料には種類がいっぱいありますよね。 例えばワックスやボマード、ムース

記事を読む

1104_04

O脚の原因とは?治す方法やストレッチなどについて

気をつけした状態の時に膝下に空間ができてしまってOの脚がOの字になってしまっている状態の

記事を読む

低炭水化物ダイエットは危険!?デメリットなど 炭水化物が不足するとどうなるの??

最近ブームとなっている低炭水化物ダイエット。 これはほぼ100%の日本人の主食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑