生ビール、発泡酒、第3のビールとは?それぞれの意味や違いについて

e2c7c32daed76f69185e0f9b252ea8f5

代表的なお酒であるビール。

おそらく最も飲まれているお酒であり、

一杯目は絶対にビールという方も多いのではないでしょうか?

ですが最近ではビールはビールでも発泡酒や生ビール、第3のビールなど

様々なものに分類されるようになってきました。

これは一体どんな理由で分けられているのでしょうか?

スポンサードリンク

 

ビールと発泡酒の違い

kone01-01

ビールと発泡酒の違いは法律上で定められているもので

麦芽使用率使用原料によって分類されます。

原料の3分の2以上が麦芽で、さらに副原料として法令に定められているもののみを使用したものがビールで、

それ以外のものが発泡酒となります。

これは日本の法令によるものなので、

世界的に見ればこの区別は変わってきます。

ちなみに本場ドイツでは水と麦芽とホップのみでつくられたもの以外はビールとしての販売を認められていません。

 

生ビールとは

beer-pos121109

次に生ビールの意味です。

ちょっと普通のビールより美味しそうな感じのする生ビールですが、

一体どういう意味なのでしょうか?

生ビールとは熱処理をしていないビールのことを指します。

昔はビールを作る際熱処理は必要不可欠なものでした。

ですが技術の進歩と共にそういったものなしで生産できるようになり、

より鮮度がよく爽やかなビールが出来るようになったのです。

ちなみに現在では発泡酒、ビール共に熱処理をしているものは少ないです。

また熱処理をしているものには名称にラガーがつくことが多いです。

 

第3のビール

thumb_450_01_px450

最近では今まで紹介したもののほかに第3のビールと呼ばれるものがあります。

これは主原料が麦芽や麦以外のものや、

発泡酒にスピリッツや他の蒸留酒を加えたもので、

中には麦芽を一切使用しないものなどもあります。

これらはビールや発泡酒に比べて酒税がかからないのでその分安く販売できるという利点があります。

最近では各メーカーの努力により

本物のビールとそっくりの味のものが生まれています。

生ビールが一番おいしいと思っている人が多いようですが

実際のところ味の好き嫌いは人それぞれです。

人によっては無理して高い生ビールを買う必要はないのかもしれませんね。^^