*

生ビール、発泡酒、第3のビールとは?それぞれの意味や違いについて

公開日: : 最終更新日:2014/02/25 酒・タバコ

e2c7c32daed76f69185e0f9b252ea8f5

代表的なお酒であるビール。


おそらく最も飲まれているお酒であり、

一杯目は絶対にビールという方も多いのではないでしょうか?


ですが最近ではビールはビールでも発泡酒や生ビール、第3のビールなど

様々なものに分類されるようになってきました。


これは一体どんな理由で分けられているのでしょうか?




スポンサードリンク
 

ビールと発泡酒の違い



kone01-01



ビールと発泡酒の違いは法律上で定められているもので

麦芽使用率使用原料によって分類されます。


原料の3分の2以上が麦芽で、さらに副原料として法令に定められているもののみを使用したものがビールで、

それ以外のものが発泡酒となります。


これは日本の法令によるものなので、

世界的に見ればこの区別は変わってきます。


ちなみに本場ドイツでは水と麦芽とホップのみでつくられたもの以外はビールとしての販売を認められていません。


 

生ビールとは



beer-pos121109



次に生ビールの意味です。


ちょっと普通のビールより美味しそうな感じのする生ビールですが、

一体どういう意味なのでしょうか?


生ビールとは熱処理をしていないビールのことを指します。


昔はビールを作る際熱処理は必要不可欠なものでした。

ですが技術の進歩と共にそういったものなしで生産できるようになり、

より鮮度がよく爽やかなビールが出来るようになったのです。


ちなみに現在では発泡酒、ビール共に熱処理をしているものは少ないです。

また熱処理をしているものには名称にラガーがつくことが多いです。



 

第3のビール



thumb_450_01_px450



最近では今まで紹介したもののほかに第3のビールと呼ばれるものがあります。


これは主原料が麦芽や麦以外のものや、

発泡酒にスピリッツや他の蒸留酒を加えたもので、

中には麦芽を一切使用しないものなどもあります。


これらはビールや発泡酒に比べて酒税がかからないのでその分安く販売できるという利点があります。


最近では各メーカーの努力により

本物のビールとそっくりの味のものが生まれています。


生ビールが一番おいしいと思っている人が多いようですが

実際のところ味の好き嫌いは人それぞれです。


人によっては無理して高い生ビールを買う必要はないのかもしれませんね。^^

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

タバコの吸い方について!初心者の方にも分かりやすく解説!!

一般的に悪いイメージがあるタバコ。 ですがなんだかんだいいつつやはりタバコを吸

記事を読む

ワインのコルク栓の簡単な開け方!!コルク抜きがない時でも大丈夫!?

ワインを飲む時当然ですがキャップ式ではなくコルク栓で蓋をしている場合はそのコルク栓をまず抜きます

記事を読む

焼酎の甲類と乙類の違いは??また焼酎乙類の種類や特徴など

ちょっと度数の強めな日本のお酒である焼酎。 なんとなく敷居の高い気がしてあまりよくしら

記事を読む

赤ワインと白ワインとロゼワインの違いは?その特徴など

主にブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料であるワイン。 特殊なものを除けば赤ワイン、白ワ

記事を読む

禁煙による「眠気」「太る」への対策について!!おすすめ禁煙グッズなども

体へのいくつもの悪影響があるとされているタバコ。 この世界的禁煙ブームの中どん

記事を読む

ウイスキーのおいしい飲み方について!種類、銘柄など

焼酎やウォッカなどと同じ蒸留酒として多くの人に飲まれているウイスキー。 ですが

記事を読む

日本酒の種類 本醸造酒と吟醸酒と純米酒の違いは??

日本の代表的なお酒の一つである日本酒。 一般的には清酒と呼ばれるものをさします

記事を読む

二日酔いの対策や予防法には○○が大事!?迎え酒は絶対ダメ!!

お酒を飲む人は少なくとも1度は経験したことがある二日酔い。 飲んでいるときは楽しいので

記事を読む

電子たばことは?害やしくみ、ニコチンについて

禁煙にも効果があることで知られる電子たばこ。 日本ではあまり普及していませんが

記事を読む

タバコのメリットとは ストレスの解消になるってホント??

20歳以上の日本人の約5人に1人が吸っていると言われてるタバコ。 ですがそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑