*

ブリーチ、ヘアカラー、黒染め それぞれの違いとは?体験談など!!

公開日: : 最終更新日:2015/10/29 ライフスタイル

MuttT



もうすぐ長期休みが始まり僕のような大学生だったりすると


「髪を染めてみようかな」


なんて考えを持っている方も多いのではないでしょうか?


安全性や仕上がりなどを考えると美容院でするのが一番なのですが金銭面の理由から自分で薬局などで買ってきてやる人も多いと思います。


そこでこの記事ではブリーチ、ヘアカラー、黒染めのそれぞれの違いについて紹介しようと思います!


ちなみに僕はブリーチもヘアカラーも黒染めもそれぞれ3回ずつ以上は自分でやったことがあるので体験談も交えながら紹介していきいと思います!!笑


またコチラの記事では同じ髪の毛関連の縮毛とストレートパーマについて紹介していますので興味の湧いた方は是非参考にしてもらえると嬉しいです!!


ストレートパーマと縮毛矯正の違いなど くせ毛の方にオススメなのは??



スポンサードリンク



ブリーチについて



DSCF0439



まずブリーチについてです。


ブリーチとは髪の色素を抜くためだけのものです。


ブリーチをすると金髪になるのでブリーチは金色の色素が入っていると思っている方がたまにいますがそれは間違いです。


どうして色素を抜くと金髪になるのかというと、
実は髪の色素には抜けやすい色と抜けにくい色があり一番抜けにくいのが黄色系の色だからです。


このブリーチの特徴としてはやはりとても髪が痛むということがあげられます。


それはブリーチをすると髪の色素と共に髪の様々な栄養分も抜けてしまうからです。


多くの場合は髪がパサパサになったりゴワゴワになったりするので、
ブリーチをするならばその後のケアがとても大事だと思います!!


また正直なことを言いますとダメージも抑えられる上に一回でよりたくさんの色を抜けるのでブリーチは自分でやるのではなく美容院ですることをオススメします。


「自分でやって変な感じになった挙句トリートメント代などがかさんでしまった」


なんてことも特に女性だと多いと思います。


また自分でやる場合はよほど上手な人でない限りブリーチ剤が頭皮につき痛みを伴うことがあるため肌が弱い方は気をつけてください。


僕の場合は髪の毛を白にしようと思って3回したのですが3回目には頭に激痛が走り髪の毛も溶けてしまいさんざんな思いをしました。


同じように髪の毛を白にしたかったりそれに近い色にしようと思っている方は絶対に美容院でお願いしましょう!!



ヘアカラーについて



2



次にヘアカラーについてです。


ヘアカラーとはその名の通り髪の毛に色をつけるためのもので、一般的に「ブリーチ」+「カラー剤」で構成されています。


基本的にカラー剤だけだと施術前よりも施術後の方が明るい髪色になることはありません。


すでにブリーチをしていて髪の毛が明るい状態であればいいのですが、
日本人の黒髪のままですとほとんど無意味と言ってもいいでしょう。


なのでヘアカラーは一度ブリーチで色を抜いてからそこにカラー剤で色を入れるという感じになります。


ここで一つ気をつけてほしいことは必ずしもパッケージ通りの色にはならないということです。


その人の髪の太さ、明るさ、施術の時の室温、時間など様々な要因ににより同じものを使用しても仕上がりは変わってくるからです。


特に「黒髪用」などと書いてあるものを黒髪以外の人が使用したりすると何が起こるかわかりません。


ちなみに僕の場合は金髪の状態で茶髪のヘアカラー(黒髪用)を使用したのですが
髪の毛はこげ茶のような灰色のような意味の分からない色になりました。泣


またヘアカラーとは別にヘアマニキュアという髪の毛に色をつけるものもあるので
知らなかった方は是非コチラの記事も参考にしてください!


ヘアマニキュアとは?色落ちや黒髪への使用などについて



黒染めについて



134



最後に「黒染め」についてです。


黒染めとはヘアカラーとは違いブリーチ剤は入っておらず(当然ですが)使うと髪の毛が文字通り真っ黒になるというものです。


この黒染めの大きな特徴としては黒染めした部分は簡単には色が抜けないということです。


実はこの黒染めはもともとの髪の毛の中に入っている色素とは違う別の人工的な色素を入れています。


そのため仕上がりはやはりどこか少し不自然な黒色になることが多いです。


ですがおそらくいわればければ分からない程度なのであまり気にする必要はないでしょう。


そしてここで一つ大事なのがブリーチではその人工的な色素を抜くことができないということです。


そのため黒染め後にブリーチをしても黒色のままで色が抜けなかったり、
または色ムラができてしまうことがおおいです。


一応美容院などでは黒染めでいれた色素を抜くためのものがまた別にあるので、
それを使用することでまた髪を明るくすることは可能ですがなかなか値段が高かったりします。^^;


また黒染めした後は毎日のシャンプーで少しずつ黒色がおちていきます。


僕の場合では黒染めをしてから1週間後くらいから徐々にわかるくらいに髪の毛が茶髪になっていき、
1ヶ月後には完全に色が抜けてしまったこともあります。


また痛みすぎている髪の毛には黒がうまく入らないこともあるみたいです。


使ってみた感想としてはこの黒染めはブリーチ、ヘアカラーと比べると一番リスクは少ないかなと思いました。


そういった分野の勉強をしたわけでもないので断言はできませんが、
使用してみた感じは黒染めは髪の毛があまり痛む感じもありませんでした。


なんだかんだいいつつ髪の毛や髪型などが人に与える印象はなかなか大きいです。


ここまで自分で染める場合のことについて書いてきましたが金銭面を除いてはやはり美容院が一番です!


色々と不安な方は美容院へ行くことをオススメします。



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

images (1)

ギターとベースの違いや難易度について!どっちが初心者にとって簡単なの?

これから音楽をはじめようとする人にとってよくある悩みの一つに 「ギターとベース

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

イプシロンロケット名前の由来や特徴!海外からの反応など

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とIHIエアロスペースが開発した小型人工衛星打ち上げ用固体ロケッ

記事を読む

himatubusi

バイトや仕事中にできる暇つぶし7選!立ち仕事でもできるものも!

バイト中や仕事中などでやることがなくヒマになってしまう経験はありますよね? 忙

記事を読む

犬や猫の臭い匂いを消す対策法について!おすすめの消臭法

疲れを癒してくれるかわいいペット達。 僕も実家にいたころは家族の一員として毎日

記事を読む

yakin

夜勤が眠い人へ贈る7つの眠気対策法について!

22時から5時までの時間帯に働くことを指す夜勤。 コンビニのバイトなどを見ても

記事を読む

ヒガンバナの花言葉は?別名や毒など どうしてお墓や田んぼのあぜ道に咲いているの??

主に9月中旬に咲くヒガンバナ(彼岸花) その名の通りちょうどお彼岸のころに開花する

記事を読む

contact

コンタクトレンズの使用期限を守らないとどうなるの?ソフトとハード両方について

ソフトタイプのコンタクトレンズには1dayや2weekなど、 ハードタイプのも

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

加齢臭の防止対策について!!オススメのシャンプーやサプリなど

年齢と共にでてくる加齢臭。 これは男性だけでなく女性にもおこることで 一般的には40

記事を読む

足の臭い対策には重曹?ミョウバン?お酢?

だんだん暖かくなってくるこの季節。 誰もが一度は気にするのが足の臭いについてだ

記事を読む

社会人の趣味やサークルについて!趣味を探す上で一番大事なこととは!?

生きていく上で人生に楽しみを与えてくれる趣味。 ですが最近では 「特

記事を読む

Comment

  1. […] 関連商品を見る → 関連商品を見る → 関連商品を見る → 続きを読む → […]

  2. […] 黒染め それぞれの違いとは?体験談など!! |[A8ad type="1" keyword="ブリーチ、ヘアカラー、黒染め それぞれの違いとは?体験談など!! |" num="2" ad_text="関連商品を見る →"]続きを読む → […]

  3. […] 黒染め それぞれの違いとは?体験談など!! |[A8ad type="1" keyword="ブリーチ、ヘアカラー、黒染め それぞれの違いとは?体験談など!! |" num="2" ad_text="関連商品を見る →"]続きを読む → […]

  4. […] 関連商品を見る → 関連商品を見る → 関連商品を見る → 続きを読む → […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑