*

カフェオレとカフェラテの違いは?カプチーノとは??

公開日: : ライフスタイル

19967737

コーヒーよりも甘くて飲みやすい飲み物であるカフェオレとカフェラテ。

両方ともコーヒーにミルクを入れて作りますが

これらの違いとは一体何なのでしょうか??

スポンサードリンク


カフェオレとカフェラテの違い

20050508180612

カフェオレとカフェラテの違いは使われているコーヒーの違いです。

カフェオレでは普通のコーヒーを使用するのに対して

カフェラテではエスプレッソと呼ばれるものを使用します。

エスプレッソとはマシンを使って圧力をかけて抽出したコーヒーのことで、

圧力で急速に抽出するためすぐ作ることができ、

その代わりに一度にできる量が少なく濃度が濃いという特徴があります。

ヨーロッパではほとんどがこのエスプレッソを飲んでいます。

ちなみに日本で主流のものはドリップ式といい、

フィルターを使ってコーヒーを抽出するといったものになっています。


それぞれの特徴

 

Exif_JPEG_PICTURE

じゃあ一体味にはどんな違いが生まれるの?

ということですが、

簡単にまとめると


 

カフェオレ・・・コーヒーの味が薄くマイルド。飲みやすい。

カフェラテ・・・コーヒーの味が濃い。苦味やコクがある。


 

という感じです。

一般的にコーヒーとミルクの割合は

カフェオレ : コーヒー50%、ミルク50%

カフェラテ  : コーヒー20%、ミルク80%

となっています。

当然この割合はお店などによって大きく差があることなので一概には言えませんが、

やはり味の濃いエスプレッソを使用したカフェラテは

カフェオレよりも大人な感じのする飲み物だと言えると思います。


カプチーノって何?

カプチーノ

最後にカプチーノについてです。

カプチーノとは一体何なのでしょうか?

こたえはコーヒーの飲み方の一つで

エスプレッソにクリーム状に泡立てた牛乳を加えたもののことです。

好みによってはチョコレートパウダーをかけたりもします。

カプチーノにはスチームミルク(温められたミルク)とフォームミルク(泡立てられたミルク)が使われていて、

エスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの割合は主に1:1:1とされています。

バリスタがよく絵などを描くのがこのカプチーノで

とてもおしゃれな感じのする飲み物だと思います。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

熱中症とは??症状や対策や応急処置など

暑い日が続きますね。 これだけ暑いとやはり気をつける必要があるのが熱中症だと思います。

記事を読む

クラウドソーシングで稼ぐコツとは?それぞれのサイト比較やおすすめなど

最近巷で騒がれているクラウドソーシング。 一般的な飲食店などで働く場合と違い時

記事を読む

低炭水化物ダイエットは危険!?デメリットなど 炭水化物が不足するとどうなるの??

最近ブームとなっている低炭水化物ダイエット。 これはほぼ100%の日本人の主食

記事を読む

【子ども向け】足が速くなる方法について!運動会やかけっこで活躍するためには!?

子供のころに誰もが思ったことのあることの一つに 「足が速くなりたい」

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

レギュラーとハイオクの違いについて!燃費や価格は?混合するとどうなるの??

自動車が走るときに必要なガソリン。 このガソリンにはレギュラーとハイオクという

記事を読む

お酒に強くなるには??方法やサプリ、食べ物などについて

20歳になると飲めるようになるお酒。 特に大学生ですとことあるごとにイベントを

記事を読む

973_1418642974_27996

天然パーマ・くせ毛の方にオススメの髪型15選【メンズ】

何もしなくても勝手にパーマがかかってしまう天然パーマ・くせ毛。 まれにまるでパ

記事を読む

睡眠の質を高める方法とは!?睡眠の改善・向上のための3つの方法

疲れを取るために行うとされる睡眠。 個人差はありますが一般的な人の睡眠時間は7

記事を読む

contact

コンタクトレンズの使用期限を守らないとどうなるの?ソフトとハード両方について

ソフトタイプのコンタクトレンズには1dayや2weekなど、 ハードタイプのも

記事を読む

食中毒の潜伏期間について!30分?4時間?4日?

高温多湿な夏になると増える食中毒。 僕も生涯で一度だけなったことがあるのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑