カフェオレとカフェラテの違いは?カプチーノとは??

19967737

コーヒーよりも甘くて飲みやすい飲み物であるカフェオレとカフェラテ。

両方ともコーヒーにミルクを入れて作りますが

これらの違いとは一体何なのでしょうか??

スポンサードリンク


カフェオレとカフェラテの違い

20050508180612

カフェオレとカフェラテの違いは使われているコーヒーの違いです。

カフェオレでは普通のコーヒーを使用するのに対して

カフェラテではエスプレッソと呼ばれるものを使用します。

エスプレッソとはマシンを使って圧力をかけて抽出したコーヒーのことで、

圧力で急速に抽出するためすぐ作ることができ、

その代わりに一度にできる量が少なく濃度が濃いという特徴があります。

ヨーロッパではほとんどがこのエスプレッソを飲んでいます。

ちなみに日本で主流のものはドリップ式といい、

フィルターを使ってコーヒーを抽出するといったものになっています。


それぞれの特徴

 

Exif_JPEG_PICTURE

じゃあ一体味にはどんな違いが生まれるの?

ということですが、

簡単にまとめると


 

カフェオレ・・・コーヒーの味が薄くマイルド。飲みやすい。

カフェラテ・・・コーヒーの味が濃い。苦味やコクがある。


 

という感じです。

一般的にコーヒーとミルクの割合は

カフェオレ : コーヒー50%、ミルク50%

カフェラテ  : コーヒー20%、ミルク80%

となっています。

当然この割合はお店などによって大きく差があることなので一概には言えませんが、

やはり味の濃いエスプレッソを使用したカフェラテは

カフェオレよりも大人な感じのする飲み物だと言えると思います。


カプチーノって何?

カプチーノ

最後にカプチーノについてです。

カプチーノとは一体何なのでしょうか?

こたえはコーヒーの飲み方の一つで

エスプレッソにクリーム状に泡立てた牛乳を加えたもののことです。

好みによってはチョコレートパウダーをかけたりもします。

カプチーノにはスチームミルク(温められたミルク)とフォームミルク(泡立てられたミルク)が使われていて、

エスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの割合は主に1:1:1とされています。

バリスタがよく絵などを描くのがこのカプチーノで

とてもおしゃれな感じのする飲み物だと思います。