カラットの意味とは?大きさ?重さ?またその目安など

l

ダイヤモンドなどの宝石を表す単位としてカラットという言葉がありますが

一体これはどういう意味なのでしょうか?

またその目安はどのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク


カラットとは?

1168a541

カラットとは宝石の質量を表す単位であり、

1カラット=0.2gと決められています。

決して大きさを表すものではなく、

同じカラット数でもカットの仕方や不純物の含有量などで大きさは変わってくるので注意が必要です。

またあまり知られていないかもしれませんが

カラットという言葉は金の純度の単位としても使われます。

これは金を24分率で表すもので、

例えば純金ならば24金(K24)といい金の含まれる量は24/24(100%)

ジュエリーなどに使われる18金(K18)ならば18/24(75%)

となります。


カラット数と大きさの目安

DMIDDLE

次にカラット数と大きさの目安についてです。

これは当然宝石の種類によって変わってくるもなので、

ここではダイヤモンドのカラット数と大きさの目安を紹介しようと思います。

ダイヤモンドのカラット数と上から見た時の大きさの目安としては


 

1カラット≒6.5mm

0.75カラット≒6.0mm

0.5カラット≒5.15mm

0.3カラット≒4.35mm


 

となっています。

これはあくまで目安ですので当然正確なものではないので

参考程度に考えてもらえればいいと思います。

ちなみに1カラットを超えるものはほとんど採掘することができず

1年でとれるダイヤモンドのわずか100万分の1ほどと言われており、

大変貴重なものとなっています。