白内障手術について!費用や手順、痛みなどはどうなの??

topimg

目の疾患の一つである白内障。


お年寄りがなる病気と思われがちですが最近では若年化が進み、
20代や30代の人でも白内障になってしまうこともあるそうです。


そんな白内障についての記事です!



スポンサードリンク



白内障の症状とは?



eye



白内障とは水晶体が白く濁って視力が低下する病気のことです。


水晶体とは目の中でカメラのレンズの様な役割を果たす組織のことで、


正常な水晶体は当然透明なのですが、
この白内障にかかるとそれが白く濁ってしまうのです。


ちなみに以前はそのような特徴から白内障は白底翳(しろそこひ)と呼ばれていました。


そうなると視力が低下したり、日中にものを見るのが困難になってしまうようです。


またそこに至るまでの主な症状として



  • 視界がかすむ
  • 視力が低下する
  • 光を眩しく感じる

などがあげられます。


若年性の場合は特に白く濁るスピードが早く
気づいてから短時間で白く濁ってしまうことが多いです。



ですのでこのような症状が現れたらすぐに病院で診察してもらうようにしましょう。



白内障の原因



pic_g065



白内障の原因には様々なものがあげられますが、
やはり一番多いのは加齢です。


80歳以上の高齢者のほとんどは何らかの形で白内症の症状を引き起こしていると言われています。


そのほかの原因としては



  • 外傷
  • 紫外線
  • 生活習慣
  • 糖尿病
  • アトピー性皮膚炎の合併症

など様々です。


外傷とはその名の通り目に傷などをおった時になりやすいということですが、


これはかゆくて目をこすったり叩いたりすることが何年も続くということでも同様に白内障の原因となることがあるので注意が必要です。


また糖尿病の人は普通の人よりも10年進行が早く進むと言われています。



白内障の手術について



01afec61



それでは白内障が発症してしまったら一体どうすればいいのでしょうか?


現在白内障を治す薬というのは開発されていません。


ですので白内障が発症してしまった人の多くは点眼薬や内服薬を使うことで白内障の進行を遅らせるという方法をとります。


ですがすでに進行が進み日常生活に支障をきたすようであれば手術を行うことになります。


手術内容は今ある水晶体を取り出し、
そこに眼内レンズというものをいれるというものです。


費用は3割負担でおよそ5万円前後が一般的だと思います。


ちなみに手術時の痛みについてなのですが、
白内障手術を行う時に目薬で麻酔をかけるので痛みはほとんどありません。


病院によっては目薬のあとに注射でもう一度麻酔をかけるところもあるようですが、
基本的には安心してもらって大丈夫だと思います。


現在では技術が進歩し昔と比べればとても安全になりましたし、
場合によっては日帰りで手術することも可能になりました。


ですがやはり合併症(感染性術後眼内炎など)のリスクはゼロではありません。


ですので手術を受けるのはよく考えた後の自己判断で、


また手術後の検診もしっかりうけるように気をつけましょう。