コンタクトレンズの使用期限を守らないとどうなるの?ソフトとハード両方について

contact



ソフトタイプのコンタクトレンズには1dayや2weekなど、


ハードタイプのものでも同じようにコンタクトレンズには使用期限というものがあります。


これは一体どのようなところからこの期限が定められているのでしょうか?


またこれを守らなかったら一体どうなってしまうのでしょうか?


知っているようで知らないコンタクトレンズの使用期限についての記事です!



スポンサードリンク



コンタクトレンズの使用期限について



Contact lenses



まずはコンタクトレンズの使用期限とは一体何なのかについてです。


前提としてコンタクトレンズは目からするとただの異物です。


ですのでどれだけ安全に使っていても眼病などにかかる時はかかってしまいます。


使用期限とはそのリスクが少なくまた保証してくれる期間と思っていいでしょう。


つまり言い換えれば使用期限を過ぎてしまえば眼病にかかるリスクがどんどん大きくなってしまうということです。


レンズはどれだけ丁寧に扱ってもタンパク質や脂質、空気中のホコリなどでどんどん汚れていく上に傷などもどうしてもついてしまいます。


よく2weekのレンズを1、2ヶ月使っている人が


「使用期限なんて守らなくても全然大丈夫だよ」


と口にするのを耳にしますが、あれはただその人の運がいいだけでまったくもって安心できるものではありません。


またその期限についてですがソフトのものは1日、2週間、1ヶ月のものがあり、


ハードのものは特に書いてない場合もありますが2年ほどで交換するのが望ましいとされています。


眼病などが怖い方は使用期限が1日の使い捨てのものをおすすめします!


他の物と比べて限りなく安全です。^^



コンタクトレンズを使いすぎるとどうなるの?



4548718478644_400



次に実際期限を超えてコンタクトレンズを使用した場合どうなってしまうのかについてです。


使用期限を超えて使うことで予想される症状は


・白目の充血
・目やに、涙
・視力障害
・視力低下
・目の強い痛み
・失明



などが予想されます。


傷や汚れがあるコンタクトを使うことで目の一番外側にある角膜という部分が酸素不足に陥ったり傷ついたりしてしまいます。


そこから細菌などが入ったりすることで角膜びらんや感染症角膜炎など、


それらをさらに放置することで失明したり角膜移植をするケースも過去には存在したようです。


またこれらは期限を過ぎて使うこと以外にもちゃんとコンタクトを洗浄できていなかったりレンズケースの洗浄と乾燥をおろそかにすることでも起きることがあります。


コンタクトを入れてみて痛みが生じたり真っ赤に充血したりしたならばそれはもしかすると危険信号かもしれません。


そうなった場合はすぐに学校などを休んでも病院に行きましょう。


先ほども言いましたがコンタクトレンズというのは目にとってみればただの異物です。


本来あまり使用するべきものではないのです。


そのへんのところをしっかり理解した上で正しい使い方でコンタクトレンズを付き合っていくことが大事なのではないかと思います。


またコチラのページにもコンタクトレンズについての様々なことが書いてありますので、
興味のある方は是非一度目を通してみてください。


寝ている間に視力回復!? まさに夢のようなコンタクトレンズ

コンタクトレンズを使う前に知っておくべき目のトラブルのこと

コンタクトレンズの使い過ぎはこんなにも危険。