緑茶の効果について!飲み過ぎには要注意??

img3ae2bfbbzikfzj


日本のお茶である緑茶。


普段何気なく飲んでいる方がほとんどだと思いますが、
実はこの緑茶には色んな素晴らしい効果がたくさんあるのです!


そこでこの記事ではそれを紹介していきたいと思います!!


ちなみにその緑茶と紅茶と烏龍茶が味はともかく作り方などどう違うのかコチラのページにまとめてあるので、


興味の湧いた方は是非閲覧してみてください。^^


紅茶・緑茶・烏龍茶 違いは一体何なの??

スポンサードリンク


緑茶の効果

 

61-3

 

冒頭でも述べましたが、
緑茶にはたくさんの効果があります。


それは


  • ガンの予防
  • 成人病の予防
  • 肥満の予防
  • 免疫力の増加
  • 美容にいい
  • 心臓にいい
  • ボケ防止
  • 食中毒の予防
  • 二日酔いの防止

などです。


これを見て分かる通り本当に素晴らしい飲み物ですよね!


しかも緑茶の効果はこれだけにはとどまらず他にも色々あります!


ですがここでは書ききれないため
分かりやすくまとめてあるページのリンクを貼っておきます。


ぜひ参考にしてみてください!


【薬いらず?】緑茶の効能/効果が最強すぎる


カテキンの効果について


tinyReportsIMG_J20111027102055


緑茶にはカテキンというものが多く含まれています。


このカテキンは他のお茶にも含まれている成分なのですが
実は緑茶には特にたくさん含まれているのです。


このカテキンには血中の脂質を正常化したり、
血栓ができるのを防ぐ働きがあります。


それにより血糖値を抑えられ、
動脈硬化や心臓病などの防止にもなるのです!


他にもこのカテキンには抗がん剤やダイエット、美肌などにも効果があるので、
毎日とることを是非オススメします!


緑茶の飲みすぎには注意が必要?


biyou_mes_p

ここまでで緑茶がいかに素晴らしいものかすでにわかったと思います。


ですがだからといって飲みすぎるのはよくありません。


何事にも限度というものはあります。


緑茶にはカフェインというものが入っており、
これには依存性中毒性があります。


ですので取りすぎると禁断症状などがでたりするようになってしまう可能性があるので注意が必要です。


詳しくはコチラのページに書いてあるので是非参考にしてみてください!


カフェイン依存症とは?症状や診断チェックなど!!コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインについて



また緑茶にはタンニンというものも入っており、
これには鉄の吸収を妨げる働きがあります。


ですので貧血の方などはなるべく避けた方がいいかもしれません。


そしてこれは緑茶に限らずほとんどの植物に入っているのですが、
えぐみ成分やあくのもとであるシュウ酸という物質が緑茶には含まれています。


これは腎臓でカルシウムと結合することで結石となり、


激痛を伴うことで有名な尿路結石のもととなります。


実はこの病気は最近増加しており、
その原因は実はお茶にあるのではないかととなえる人もいるようです。


何にせよ体にいいからといって飲みすぎるのはあまりよくないようですね。