*

HIVとエイズについて 初期症状や感染経路、検査方法など

公開日: : 最終更新日:2014/02/14 病気

hiv-curt

多くの人が聞いたことのあるHIVとエイズ。


これらは一体どんな症状がでるのでしょうか?
またどうやって感染するのでしょうか?



スポンサードリンク



HIVとエイズ



hiv-aids-6301-1



HIVはHuman Immunodeficiency Virusの頭文字をとったもので
日本語では人免疫不全ウイルスといいます。


エイズ(AIDS)はAcquired Immune Deficiency Syndromeの頭文字をとったもので
日本語では後天性免疫不全症候群といいます。


これらは一体どのようなものなのでしょうか?


HIVとは病原体やウイルスから体を守るのに必要な細胞である免疫細胞という細胞に感染するウイルスのことで、
HIVに感染するとHIVは細胞の中でどんどん増殖します。


そうすること免疫に必要な細胞がどんどん機能しなくなっていき
普段は感染しないような弱い病原体にも感染するようになってしまいます。


この病気の状態のことをエイズ(AIDS)といいます。


つまりHIVとはウイルスの名前で


エイズとはそのウイルスによっておきる感染症のことなのです。



HIVの感染経路



01afec61



次にどうやって感染するの?ということです。


HIVの感染経路は主に3つで


  • 性的感染
  • 血液感染
  • 母子感染

の3つです。


ここで注意してほしいのがインフルエンザなどとは違い唾液や尿などの体液で感染することはないということです。


性的感染とはその名の通り性交により感染するものです。
この性行為による感染がHIV感染全体の7割から8割を占めていると言われています。


血液感染とは輸血、麻薬の回しうち、HIV感染者の血液が体内に侵入することでおきます。


もし万が一HIV感染者の血液が侵入してしまった恐れがある場合には、
その2時間以内に抗HIV薬を内服することで危険性を低下させることが可能なので知っておくといいとおもいます。


母子感染とは母親がHIVに感染している時
生まれてくる赤ちゃんがHIVに感染してしまうというものですが、

これも現在適切な処置を行うことで母子感染のリスクを0.5%未満にまで低下させることが可能となっています。



HIVとエイズの症状



symbol



最後にHIVとエイズの症状です。


実はこれらは少し特殊な体系をとっており、


HIV感染→感染初期→無症候期→エイズ発症


となっています。


無症候期からエイズ発症までは数年から10年以上と言われており、
感染しても症状が現れないこともあります。


感染初期(感染から2~6週間)の症状としては発熱、頭痛、下痢などといった
インフルエンザと同じような症状がでます。


それはその時期に体の中でHIVが爆発的に増えるため

体に抗体ができるまではそれに耐え切れず熱がでてしまうからです。


なのでこの時は風邪薬や抗生物質などが効かないこともあるようです。


そしてエイズが発症すると健康的な人にはかからない様々な病気におかされてしまうというものです。


ですが現在エイズによる死亡のリスクはとても少なくなっており、


それは抗HIV薬によってウイルスの増殖を抑えることで、
長時間にわたり健康時と変わらない生活を送ることが可能になったからです。


ですがHIVを体内から完全に排除できる方法は現在のところ見つかっていないというのが現状です。



HIV感染の検査方法



logo


HIVは早期発見が大変重要です。


それはすでにお話した通りHIVを完全に排除することは
今の技術ではできないからです。


当然HIV感染をすぐに発見した患者とエイズが発症してから発見した患者では後の大変さも変わってきます。


なのでもし自分がHIVに感染したかもと思ったらすぐに検査するようにしましょう。


検査方法は主に血液検査です。


無料でなおかつ匿名で行ってくれる保健所などがあります。


ここで気をつけて欲しいのが感染していても感染してから充分時間が経っていない時は正しい検査結果がでないことがあるということです。


だいたい正しい検査結果がでるまで3ヶ月ほどかかるので一度検査して陰性だったとしても
三ヶ月後にもう一度検査しに行くことをおすすめします。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

Zemanta Related Posts Thumbnail

アスペルガー症候群とは?特徴や有名人、診断テストなど

自閉症の一種であるアスペルガー症候群。 天才に多いと言われている症状の一つですが 一体ど

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

インフルエンザの予防接種は必要?腫れや発熱などの副作用などについても

毎年必ずといっていいほどどこかで流行するインフルエンザ。 高熱だけでな

記事を読む

no image

ギラン・バレー症候群 治療法や症状など

両手両足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群。 漫画「テニスの王子様」にも登場する特定疾患に指定

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

頚椎症とは?症状や治療法について

皇后さまやTHE BOOMの宮沢和史さんなどの持病である頚椎症。 中年~高齢の方に発症しやすいの

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

脳梗塞の予防法とは?3つの脳梗塞のタイプとその原因など

脳の血管がつまることで栄養を届けることができなくなり そのまま脳の細胞が死んでしまう脳梗塞。

記事を読む

no image

ノロウイルスの特徴!症状や対策など

11月~3月の冬場にかけて流行しやすいノロウイルス。 その特徴や症状、感染方法などについて調べてみ

記事を読む

虫歯を放置する危険について 死亡することもあるってホント!?

甘いものなどを食べたり歯を磨かなかったりすることでなってしまう虫歯。 これを治

記事を読む

うつ病の人との接し方について 禁句や大事な3つのポイントなど

女性なら5人に1人、男性なら10人に1人が1度はかかるとされているうつ病。 精

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは一体どんな病気?

筋萎縮性側索硬化症とは一体どういうものなのでしょうか? 代表的な患者にルー・ゲリック選手がい

記事を読む

b060823bb348c0c6e6691571fda4b396

統合失調症とは?その原因や症状など

統合失調症とは主に10代から20代に発症する精神疾患で、 発症する人の割合は100人に1人くらいと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑