ハロウィンの由来や意味など!実は日本でいうお盆のようなものだった??

a6d535ff70fc2e2216b4c5a88a75a4cb

日本ではあまり普及していないハロウィン。

ヨーロッパを起源とする行事で毎年の10月31日の夜に行われます。

ハロウィンの夜は仮装した子供達が家を訪ねて

「トリックオアトリート」(Trick or treat : いたずらされるか、おもてなしするかどっちがいい?)

と唱えます。

ちなみにこの時お菓子をもらえなかった場合は、

ホントにいたずらしてもいいようですね。

スポンサードリンク

 

どうして仮装するの?

 

実はハロウィンの日はケルト人にとっての一年の最後の日となっており、

その日に死者の霊が訪ねてくるとされています。

日本でいうお盆のようなものです。

ですが、その死者の霊とともに悪霊などもやってきてしまいます。

なので子供達はお化けや魔女などに仮装して

そういった悪い霊を追い払っているのです。

 

ジャックランタンについて

e3c465a6f9d5341c0712a3a43e28c559

ジャックランタンといえばハロウィンと聞いてば真っ先に思い浮かぶあのカボチャのことですが、

あれには一体どんな意味があるのでしょうか?

ハロウィンの日には悪霊を追い払うため、

カボチャをくり抜き刻み目をいれ、

最後にその中にろうそくをいれ家の前においておきます。

ジャックは「男」という意味、ランタンはそのまま「ランタン」という意味で、

合わせると「ランタン持ちの男」という意味になります。

実はある説によれば、自堕落な生活をしていた人が死後あの世へ入ることを拒否されてしまい、ランタンを持ってさまよっている姿とされています。

悪霊や魔女などよりもよっぽど怖いと僕は思います。。。

 

宗教的な面では

雰囲気的にキリスト教っぽいと思うかもしれませんが、

実はハロウィンとは無関係です。

キリスト教の中ではハロウィンに対する考え方は様々で、

別に特に何も思わない方もいれば、

ハロウィンは悪霊や死神などをたたえるキリスト教とは反対の恐ろしいものだと考える方もいるようです。

日本と違いハロウィンを盛大に祝う国ではそういった考え方の違いや、

子供達のイタズラがエスカレートしてしまったりすることで事件が起きることもあるそうです。

 

日本でのハロウィン

 

6541030ff27b723bafde315e451b56c7

 

日本では海外のように子供達が仮装してなどすることはほとんどないと思います。

それでも最近ハロウィンにイベントなどをすることが増えてきたように思います。

川崎市で行われる毎年3000人を超える参加者を誇るハロウィンイベント「カワサキハロウィン」などはとても有名なハロウィンのイベントの一つです。

またUSJTDLなどでもイベントが開催されるようです。

今年のハロウィンは友達などと一緒に仮装などをしてそういったイベントに参加してみてはどうですか?

管理人オススメの仮装衣装販売サイトはコチラ ↓ ↓ ↓