振り込め詐欺の手口など!!振り込め詐欺救済法とは??

telephone



一昔前に「オレオレ詐欺」の名で世間に知れ渡った振り込め詐欺。

最近ではその手口も多様で複雑化しており、

オレオレ詐欺のような分かりやすいものばかりではなくなってきました。


「私はそんなのに絶対に引っかからないから大丈夫」


と思っているあなた。

実は騙されている人の多くはそのような考えを持った人なのです。



スポンサードリンク



振り込め詐欺の手口



08_09_15札束



最近の振り込め詐欺の手口は電話で「オレオレ」というような安易なものではなく、

見破るのが難しいような巧妙なものになっています。



「振り込め詐欺」に注意!~最新手口を紹介~


振り込め詐欺が巧妙になっている!!82歳女性、4700万被害・・・


振り込め詐欺の言葉巧みな手口



怖いというよりもうすごいですよね、、、


これだったらその人がいる環境などによっては

騙されてもおかしくはないのかもしれないなと個人的には思います。


年間の被害総額は年々増え、

2013年には何と400億円を超えることとなっています。


高齢化社会も原因の一つとしてあげられるかもしれませんが、

若い人でもこういった詐欺にあうケースが増えているのも事実です!


自分は大丈夫とは思わないで

知らない人からの電話などには疑いの目を持つようにしましょう。



振り込め詐欺救済法とは??



px0010097492w



平成20年6月から犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(通称「振り込め詐欺救済法」)というものが施工されました。


名前からも分かる通り振り込め詐欺にあった人を救済するための法律なのですが、

一体これはどのようなものなのでしょうか?



これは振り込め詐欺にあった被害者が警察と金融機関に届け出をすることで、

その届け出が認められ次第その振込先をすぐに凍結し、

もしその口座にお金が残っていたらその限度でお金が返還されるというものです。



一見振り込め詐欺にあった人を守る素晴らしい法律のように思えるのですが、

実際のところこの法律が適用されてお金が返ってくるケースはほとんどありません。


それはなぜかといいますと、

たいていの場合、犯人は振り込みが確認されしだいすぐに全額を引き出して

別の口座に移したり現金で保管したりすることがほとんどだからです。


また振り込みではなく現金書留などでお金を送った場合などでは

当然適用されません。


またお金が残っていた場合でも口座を凍結したあと

「口座名義人の権利を失わせる」などの手続きが必要なため

最速でもお金が返ってくるのに90日はかかってしまいます。


やはり振り込め詐欺にはあわないのが一番です。

身内などと電話するときは何か合言葉のようなものを

あらかじめ決めておくのもいいかもしれませんね。