低体温症とは?治療法や症状チェックなど!!原因は○○だった!?

a0001_015450

男性よりも特に女性に多く見られる低体温症。


なんとなく軽視されがちですが実は老化やガンにもつながると言われており、

とても怖い症状の一つなのです。


そんな低体温症についての記事です。



スポンサードリンク



低体温症の症状



bb3fbb49602dd989ae3707de8af071d3



まず一体どこからが低体温症になるの?


ということについてです。


実際のところ特に決められてはいませんが


自分の平熱が35℃台の人は危ないと思った方がいいと思います。


意外と思うかもしれませんが日本人の平均の体温は約36.9℃です。


37度を超える人もそれほど珍しい訳ではありません。


平熱が高い分には特に問題はないのですが、
平熱が低いとなると酵素の働きが低下するため免疫力や新陳代謝が低下します。


1度体温が低下すると免疫力は30%以上低下するとも言われており、
低体温症の恐ろしさが分かると思います。


そしてその低体温症の症状としては


  • 老化
  • 下痢
  • 太りやすくなる
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 病気が治りにくくなる
  • 病気にかかりやすくなる

などといったことがあげられます。


またあまり知られていませんがガン患者の多くは低体温の症状があります。


実はガン細胞が最も活発になる体温が約35度と言われており


また低体温により免疫力が低下しているため、
低体温の人はそれだけガン細胞にかかりやすいというわけなのです。



低体温症の原因と治療法



w



それでは一体この低体温症は何が原因でおこるのでしょうか?


低体温症の原因は一つではなく様々な要因により引き起こされてしまうのですが主には


  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 冷暖房の効きすぎ
  • 無理なダイエット
  • 自律神経の乱れ

などが原因としてあげられます。


見て分かる通り低体温症の原因は主に生活習慣によるものが多いです。


ですので治療法としてはまず生活習慣を改善することだと思います。


つまりは適度な運動やバランスのとれた食事などがとても大切だということです。


またストレスは血管に大きく影響します。


血液の循環が悪くなることで温かい血が全身に送れなくなってしまうので、


難しいかもしれませんがストレスはなるべく溜め込まないようにして、
たまってきたらすぐに発散するようにしましょう。


食生活では特にミネラル・ビタミンが不足しないようにすることが大事です。


それらは体内で糖質をエネルギーや熱に変えるときに必要になるので、
不足すると体温があがらなくなります。


また冷たい食べ物や甘い食べ物は体を冷やす効果があります。


アイスなどは冷たい上に砂糖もたくさん入っているので要注意です。


他にも普段から温かい格好をしたりちゃんとお風呂に入ったりすることも大事なことだと思います。


それらをやってみてもどうもうまくいかないなという方はサプリメントをつかうという方法もあるので、


気になる方は一度調べてみてもいいかもしれません。