髪の毛の痛みとは?改善法など チリチリやうねりを修復したい!

3f7d4443a8df9d14172bd3cb726b486e

人の第一印象を決めるうえでとても重要な役割を果たす髪の毛。

毎日鏡の前で自分の髪の毛とにらめっこしている人も多いのではないでしょうか。

ただそんな時にどうしても気になるのが髪の痛みだと思います。

特に若い大学英の方などはパーマやカラーなどをする人も多く、
髪の毛が痛みやすい環境にあると思います。

そこでこの記事ではそんな髪の痛みについて原因や改善法などを紹介していきたいと思います!

髪の毛の痛みに悩んでいる方から「痛みって何?」という方まで全員にとって知っておいて損はないことだと思うので是非一度見てみてください^^

スポンサードリンク

髪の痛みとは?

o0500066711673981607

まずは髪の痛みとは何かということについてです。

なんとなく髪が痛んでいるというかよくない状態なんだろうなということは分かる人は多いと思いますが、
一体髪の痛みの正体とは何なのでしょうか?

その答えはタンパク質のゆがみにあります。

髪の毛はそのほとんどの成分がタンパク質でできており、
ゆがんだタンパク質は髪からとても流出しやすくなるそうです。

そうして髪の毛の中身がなくなりスカスカの状態になることを髪の毛が痛んだ状態と言うようです。

髪の毛が痛むと様々な悪い症状が引き起こされます。

いくつか例をあげると

・見た目が悪くなる
・手触りが悪くなる
・枝毛が増える
・湿気に弱くなる
・パーマやカラーがうまくいかなくなる

などがあげられます。

どれもこれもつらいものばかりですよね^^;

特に女性の方は髪が命というイメージが男性より強いので大変だと思います。

髪の毛の痛みの改善方法について

それでは次にそんな髪の毛の痛みを改善させるための方法を紹介していきたいと思います!

痛んだ髪の毛を改善させる方法は主に2つです!
この2つを徹底的に頑張りましょう!

①髪の毛を痛める原因を取り除く

sa-0081492524502-1

まず1つ目に大事なことは髪の毛を痛める原因を取り除くことです。

ここができていなければどれだけお金をかけて髪の毛を修復したとしてもまた痛んでしまうので原因となりそうなものはできる限りやめましょう。

髪の毛を痛める原因として考えられることは

・シャンプーの使いすぎ
・パーマ、カラー、ブリーチをしている
・ヘアーアイロンを使用している
・ドライヤーのあてすぎ
・髪を濡れたままにしておく
・ストレス
・タバコ

などがあげられます。

特にシャンプーをする時や髪の毛を乾かす時に間違ったやり方をしている人が多いと思うので、
不安な方は是非一度こちらのページを見てみてください!

正しいシャンプーの仕方

正しい髪の毛の乾かし方

こういった原因を一つずつ排除していくことが大事です。

②タンパク質を補給する

KE143_350A

もう1つは髪の毛にタンパク質を補給するということです。

毛根には自己修復機能がありません。

ですので痛んだ髪の毛を放っておいたらいつのまにか改善されていたなんてことはまずありえないのです。

ダメージはどんどん蓄積されていくだけで、改善はされません。

ですので毎日のケアがとても大事になるのです。

つまりトリートメントやコンディショナーなど正しい使い方で使用するようにしましょう!

また最近ではシャンプーなどにもタンパク質(アミノ酸)が入ったものがでているのでそれらの使用をおすすめします。

性別問わず悩みの種となる髪の痛み。

毎日コツコツケアなどを積み重ねて自分の理想の髪に近づけるように頑張ってほしいと思います^^