*

黒田官兵衛とはどんな人?2014年大河主人公黒田官兵衛について!!

公開日: : 最終更新日:2014/02/06 人物・賞

ceb230dbcefdeadd24f3686565eb6d50

2014年のNHK大河ドラマの主役となる「黒田官兵衛」

ですがこの人物をよく知っているという人は少ないと思います。


なので今回は黒田官兵衛が一体どんな人で一体どういうことをした人なのか、

ということを記事にしてみたいと思います!

スポンサードリンク

 

黒田官兵衛とはどんな人?


bfdf399518ed8ee2cc60dfcf75a03815


まず主な特徴をあげたいと思います。

 
  • 近江国(現在の滋賀あたり)出身、大名
  • 秀吉の側近として活躍し、竹中半兵衛と双璧をなす秀吉の参謀
  • 野心家でとても頭がいい
  • キリスト教を信仰するキリシタン大名の一人で、霊名はドン・シメオン。

ようするに秀吉に仕えていたとても頭のいい軍師です。


また一般的には黒田官兵衛という名前で知られていますが、

他にも「黒田孝高」「黒田如水」という名前でも広く知られています。


あの姫路城の城主の長男として生まれ、

とても頭がよく信長の将来性をいちはやく見抜き、


その家臣である羽柴秀吉にはまるで弟のように信頼されていたそうです。

 

頭が良すぎて、、、


pic (1)


実はこの黒田官兵衛はとんでもないキレ者だったそうで、

頭がよすぎて逆に秀吉に警戒されるくらいの人物でした。


一体どうしてそうなってしまったのかというと

官兵衛は本能寺の変のときに織田信長が殺され取り乱す秀吉に対し


「天下を取る好機が来た」


と進言します。

そしてそのあと実際に秀吉が天下人となりますが、

あまりにも上手くいきすぎたため秀吉は官兵衛のことを恐れるようになってしまったのです。


その結果多くの功をたてたにもかかわらず、

官兵衛にはわずか12万5000石しか与えられませんでした。(加藤清正や福島正則らは約50万石)

 

関ヶ原の戦い

 

d0d6a62d34ce680b4e8b010177f669fb

 

時が立ち関ヶ原の戦いが始まりますが、

その時官兵衛はすでに如水と名を変え隠居生活を送っていました。


ですがこれは決して余生をただ過ごしていたわけではなく

やがて来る天下を取る好機をずっと待っていたのです!!


関ヶ原の戦いが起きた時、

官兵衛は自分の持っている財産をおしみなく使い軍をつくりあげます。

そしてその官兵衛の作戦は


「関ヶ原の戦いで手薄になりまたその疲れなどがあるうちに九州・中国・近畿と攻め天下をとる。」


というものでした。


ですが実際は関ヶ原の戦いは1日で終わってしまいます。

しかもその大きな要因をなしたのが皮肉にも黒田官兵衛の長男である黒田長政という人物で、

戦いの後、家康がこの長政の手をとり何度も礼を述べたとされています。


当然その結果官兵衛の策略は失敗に終わりました。


その後は再び隠居生活を送り、

59才でその生涯に幕を下ろすことになります。

 

人間的に優れていた?


f0171785_14131861


実はこの黒田官兵衛はとても徳がある人物だったとされていて、

人間的には信長・家康・秀吉よりも優れているといった見方をする人もいます!!


コチラのページではそんな官兵衛の名言や格言がのっているので、

興味のある方は是非一度見てみてください!!


黒田如水(黒田官兵衛)の名言 格言


人間的に優れていたとされている官兵衛の人間性のようなものもみえてとても面白いです!


まだまだここには書ききれない黒田官兵衛についてのことがたくさんあるので、

もし興味がわいた方がいれば一度自分で調べてみるといいかもしれませんね。


 
 

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

芥川賞と直木賞の違いは??歴代の受賞者など

毎年話題にとりあげられている芥川賞と直木賞。 両方とも文学賞の一つなのですが、 その違いとは

記事を読む

文化勲章と文化功労賞について 賞金があるのはどっち??

皆さんは文化勲章と文化功労賞というものがあるのをご存知でしょうか? この記事ではそれぞれが一体どう

記事を読む

Comment

  1. long459 より:

    黒田官兵衛のことが良く分かりました。感謝!感謝!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑