小正月の意味とは?行事など!!

小正月画像


皆さんは小正月というものをご存知でしょうか?


1月1日の正月は当然みなさん知っていると思いますが、

この小正月について詳しく知っている人は少ないように思います。


この記事ではそんな小正月について

意味や行事について分かりやすく紹介していきます!



スポンサードリンク



小正月とは??



SONY DSC


小正月とは1月15日の日のことで、

女正月花正月などと呼ばれることもあります。


その由来は満月の日を境目としていた旧暦の名残によるもので、

旧暦では一年で最初に満月となる日を正月としており、

それが1月15日でした。


つまり小正月とは旧暦でいう正月ということになります。


ですが都市化などの影響により小正月自体になじみがなくなってきてしまいましたが、

一般的にはこの小正月をもって正月の行事が終わるとされているようです。



小正月の行事



main


それでは小正月には一体どのような行事を行うのでしょうか?

有名なものでは


・小豆がゆ
・餅玉
・どんど焼き(左義長)



などがあります。


他にもいくつかの行事があるのですが、

興味のある方はコチラのページをご覧下さい。

お正月って…実際いつまで?あまり知られていない”小正月”とは


小豆がゆとはその名の通り小豆が入ったおかゆのことで、

その年の健康を願って小正月の日に食べられます。


1月7日に食べられる七草粥と少し似ていますが

それとは全く別のものです。


餅玉とは木に餅や団子などをさして飾るもので、

一年の五穀豊穣を願っています。


どんど焼きとは神社などで正月飾りや古いお札、書き初めなどを燃やす

伝統的な火祭りの行事の一つで、

都会ではあまり見かけないかもしれませんが無病息災を願って行われます。


地方によって呼び方が異なり、

どんど焼きの他には左義長(さぎちょう)、おんべ焼き、あわんとりなどという呼び方もあります。


燃え上がる日で焼いた餅や団子などを食べるとよいとされており、

地域によっては一つのイベントとして行うことも多いので、

行ったことのない方は是非一度参加してみてはいかがでしょうか?^^