虫歯を放置する危険について 死亡することもあるってホント!?

caries_photo_01



甘いものなどを食べたり歯を磨かなかったりすることでなってしまう虫歯。


これを治すのには歯医者に行くのが一般的ですが、
小さい時のトラウマなどがあったりなかなか気乗りしませんよね?


なんとなく痛みを我慢すればそのうちよくなるのではと放置してしまう人も多いのではないでしょうか?


ですが実はこの虫歯、
放置しておくと最悪死に至る場合もあるのをみなさんはご存知でしたか?


この記事ではそんな虫歯について放置することの危険や治療法などについて紹介していこうと思います!!



スポンサードリンク



虫歯とは?



t02200209_0500047511573442077



それではまず虫歯を放置したらどうなるかの前に、
虫歯とは一体どういうことなのという話についてです。


虫歯とは正しくは「う蝕」というもので、


口の中の細菌(虫歯菌)が糖質を利用して酸を作りそれによって歯が溶かされることでおきます。


糖質というのは要するに砂糖などのことで、
甘いものを食べると虫歯になるというのはこのような理由があったからなのですね。


虫歯菌はまず口の中で糖質と結びつくことで歯の表面にくっつきます。


そしてそれが固まりとなったものが歯垢で、
その歯垢にさらに他の菌なども混ざってくると膜のようになって歯の表面を覆います。


そしてそれが酸をつくり歯の表面のエナメル質というものを破壊し始めると虫歯になってしまうという訳なのです。



虫歯を放置することで起きる危険



023482



それでは次に虫歯を放置することで起きる危険についてです。


虫歯を放置し続けると


・歯がどんどん溶けていく
・歯が欠ける
・歯から細菌が入る
・神経がダメになり痛みがなくなる
・アゴの骨が溶ける
・アゴが炎症を起こす



ということが起こります。


虫歯を放置しすぎると虫歯菌が歯を通り超えてアゴの骨にまで到達します。


その結果アゴの骨が溶けたり炎症をおこしてしまうというわけなのです。


また本当に怖いのはその炎症部分から虫歯菌が血液を通って体内に侵入してしまうことです。


例えば虫歯菌が脳や心臓に移動して炎症を起こしたりしますし
脳梗塞や心筋梗塞、その他の様々な感染症の原因にもなります。


こうなってしまうとすぐに適切な処置を受けなければ後遺症が残ったり最悪死につながるケースも当然考えられるので、


虫歯を放置することだけは絶対にやめましょう。


また他にも虫歯を放置して生活していくことは肩こり、食欲不振、ストレスなど、
様々なところで日常生活に支障をきたす原因となるようです。


虫歯放置はガチでヤバイ。治療を受けなかった18歳の女性が死亡

放っておけば死亡することも!「虫歯」を放置してはいけない理由



虫歯の治療と対策について



091218095529



最後に虫歯の治療と対策についてです。


まずはじめに言っておきますが虫歯を放置しておいても治ることはありません!!!


本当の初期の段階ならば治らないこともないことはありませんが、
基本的には治療しなければこの虫歯は治らないのです。


そしてその治療法なのですがやはりこれはやはり歯医者に行く以外ないようです。


嫌なのはわかりますがその後もっと痛い目に会いたくないのなら虫歯ができたらすぐに歯医者に行くようにしましょう。


そして虫歯の対策ですが


・時間をかけて歯を磨く
・物をよく噛んで食べるようにする
・ねる前の食事を控える
・キシリトールガムなどを使う



などがあげられます。


当然のことながら歯磨きは虫歯予防においてとても大事です。


歯ブラシは小さめのものがよくて
磨く回数よりも磨く時間が大事だそうです。


あなたもやってない!?歯医者がNGをだす危ない歯磨き方法!


またそのほかのことは全て唾液に関係しています。


唾液には口の中の酸を中和して歯にカルシウムを補給する働きがあるので、
実は虫歯予防にとても役にたっている物質なのです。


ものをよくかむと唾液の分泌が増えますし、
夜寝ている間は唾液の分泌が少ないそうです。


ちゃんと歯を磨いているのに虫歯になってしまうという方はこういったところに問題があるかもしれないので、
注意するようにしてみてください。


また最近では重曹を用いた虫歯予防法がありますので、
興味のある方は是非見てみてください!


虫歯予防と口臭対策のカギは”重曹”の使い方にアリ