流しそうめんの作り方!材料は竹?ペットボトル?プラダン?

img_0

夏の風物詩でもある流しそうめん。

ですが都会に住んでいる方などは材料などの問題によりやったことのないという方が意外と多いのではないでしょうか?

僕は田舎で育ったので小さい頃に何度か経験がありますが、
とても楽しかったことを覚えています。

そこでこの記事では手軽に出来る簡単な流しそうめんの作り方を紹介していきたいと思います!!

特に小さいお子さんがいる家庭ではきっといい思い出になると思うので、
ぜひ一度試してみてほしいです!

スポンサードリンク

流しそうめんの材料は??

50740

流しそうめんの作り方を紹介するまえに

「一体何で流しそうめんをつくるのか」

ということについて考えていきたいと思います。

やはり一番有名で安定なものはです。

ですが竹をとってくることができるという人はなかなかいませんし、
流しそうめんのためにわざわざ竹を購入するのもちょっとアレですよね。^^;

そこでこの記事では竹以外のものを使った流しそうめんの作り方に焦点を当てていきたいと思います!!

具体的には

「ペットボトル」「雨どい」「プラスッチクダンボール(プラダン)」

を使ったやり方を紹介しようと思います。

また竹を使った作り方が知りたいという方はコチラのページにとても分かりやすく紹介されているので、

ぜひ参考にしてみてください!

流しそうめん.net

ペットボトルを使った作り方について

s-2008_all

まずはペットボトルを使った作り方についてです。

、、、とは言ったものの作り方はすぐ想像できる通り切ってつなぎ合わせるだけです。(笑)

このペットボトルで流しそうめんをするメリットとしては

・子供でも簡単に作れる
・作るのが面白い
・家の中でできる
・使い終わったものを処分しやすい
・形を自由に変えられる

ことだと思います。

またペットボトルよりも耐久性が落ちるため少し補強が必要かもしれませんが、
牛乳パックでも同じようにできるようです。

お子さんと一緒に作って流しそうめんパーティなどかなり盛り上がると思うのでオススメです。^^

雨どいとプラスチックダンボールを使った作り方について

DSCN2533

次に雨どいとプラスチックダンボールを使った作り方についてです。

雨どいとは屋根を流れる雨水を集め地上や下水に導くための装置のことで、
上の画像を見てもらえれば分かると思います。

そしてプラスチックダンボールとはその名の通りプラスチックでできたダンボールのことで、

主に箱状に加工して流通や保管の容器として使われているものです。

これらはどちらもホームセンターで買えます。

ですのでとても気軽にしかも本格的な流しそうめんをすることが可能という訳です!!

また雨どいは自分の家に使われているものをつかう場合もありますが、

その時はしっかりと洗ってから使ってくださいね。(当然ですが^^;)

また正直なことを言うとホームセンターに行けば、
他にも色々と流しそうめんに使えそうなものは売っていると思います。

自分がいいなと思ったものを購入してオリジナルの流しそうめんをやって楽しむのも楽しいはずです!

それらも面倒くさくて嫌だという人は電池で動く流しそうめん機という便利なものが世の中には販売されていますので、

それを購入してみてもいいのかもしれませんね。^^;

即納可能!流しそうめん 風流

即納可能!流しそうめん 風流
価格:5,981円(税込、送料別)