ノロウイルスの特徴!症状や対策など

11月~3月の冬場にかけて流行しやすいノロウイルス。

その特徴や症状、感染方法などについて調べてみました!

スポンサードリンク

 

ノロウイルスの症状は??

ノロウイルスにかかった時の主な症状としては

 
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 発熱(多くの場合は微熱程度)
  • 腹痛
  • 下痢

などがあります。

またこれら(特に嘔吐と下痢)によって脱水症状を引き起こすこともあります。

感染しても微熱程度のみであったり、発症せず終わる場合もあるそうです。

 

ノロウイルスの特徴

ノロウイルスには様々な特徴があります。

まず一つに抵抗性が強いことがあげられます。

ノロウイルスは他のウイルスに比べてアルコール(消毒液)、高温、乾燥などに強く、感染力がとても強いウイルスと言えるでしょう。

もう一つに何度も感染してしまう恐れがあるということがあげられます。

ノロウイルスは様々な型があるため、一度感染してそれに対する耐性ができたとしても、他の型のノロウイルスには効果がないため何度も感染してしまう恐れがあるのです。

 

どうやって感染するの?

ノロウイルスの感染経路は飲食物からの感染人から人による感染に分けられます。

また全て経口感染(口を通しての感染)になります。

まず飲食物からの感染ですが、有名なのはカキなどの貝類です。

貝類が海水を取り込むときに一緒に海水中のノロウイルスを取り込んでしまい、最終的にそうやってノロウイルスを溜め込んだものを十分に加熱処理せずに食べるなどして感染してしまうようです。

ちなみにノロウイルスを完全に殺すためには上記の通りノロウイルスは熱に対する耐性が強いため、85度以上の熱湯で一分以上の加熱処理をする必要があります。

次に人から人による感染ですが、主に便と吐瀉物によります。

これらが直接ついたり、これらからウイルスが空気中に飛散して二次的に感染したりします。

特に最近多いケースは感染している調理者が十分に手を洗わずに調理し、調理したものを食べた人が感染するといったケースが多いようです。

他にも汚染された井戸水や簡易水道などを利用することで感染してしまうこともあるので、特にノロウイルスが流行しやすい冬場の時期には気をつけるようにしましょう。

 

予防法と治療法

ノロウイルスの予防法は

 
  • きちんと手を洗う
  • 吐瀉物などを処理する時は必ずビニール袋をつかって直接触れないようにする
  • 汚物の消毒には塩素系消毒剤(漂白剤)を薄めて使用する
  • 食べ物をしっかりと加熱処理(85度以上で1分)する

などがあげられます。

ですがいくら予防しても感染してしまうことはあります。

実は現在のところまだノロウイルスに対する抗ウイルス剤は作られていません。

なので感染してしまったときは基本通り温かい格好で消化のいいものを食べ安静にすることが大事です。

この時要注意なのが下痢や嘔吐による脱水症状です。

ここで大事なのが一気にたくさんとるのではなく、細かく何回も水分をとる方が体に吸収されやすいということなのでそうするようにしましょう。