痔を自分で治す方法について 原因やストレッチなど

caries_photo_01

日本人の3人に1人はかかると言われている痔。

忙しくて時間がとれなかったり場所が場所だけに恥ずかしいと思ってしまったりで病院にいかない人が多いようですが、

放置して悪化すればどんどん痛みが強くなってくることもあります。

ですが実は痔は程度にもよりますが軽いものだと自分で治すことが可能なのを皆さんは知っていたでしょうか?

そこでこの記事ではそういった方のために自分で痔を治す方法について分かりやすく紹介しようと思います!

スポンサードリンク

痔の原因って一体何なの?

f04_zi_img01

痔の治し方を説明する前にまずは痔とは一体何が原因でなってしまうのかということについてです。

痔の原因は肛門部分の血流が悪くなることにあります。

長時間椅子に座っているなどで肛門部が圧迫され血流が悪くなってしまい痔になってしまうケースが多いようです。

またよく言われる唐辛子などの辛いものについてですが、

それらは体内には吸収されずそのまま便に出るため肛門の粘膜を刺激し炎症をおこしやすいため痔の原因となることがあるというわけです。

切れ痔の方などは特に痛みの原因となるので辛いものはあまり食べないようにしましょう。

またほかには

・お酒の飲みすぎ
・タバコ
・便秘
・下痢
・ストレス
・肛門の不潔
・いきみ過ぎ

などがあげられます。

なんとなく心当たりがある方は少しずつ改善していくようにしましょう!

自分でできる痔の治し方

bigstockphoto_Doctor_533281

それでは次に自分でできる痔の治し方です。

ですがその前にまずは痔の原因となっているものを取り去ることから始めましょう。

またその原因を取り除いたら痔が治ってしまったということもあると思います!

仕事の関係などで中々難しいところもあると思いますが少しずつできる範囲で改善していくことが大事です。

①痔を治すストレッチをする

51df5c43

これは東京理科大の原田茂教授という方が考案した方法で、

肛門を引き締める→力を抜く

という動作を1分間に100回程度を1日に数回行うというものです。

肛門を引き締めるというのは具体的には肛門から出たウンチを切る動作のことです。

これは肛門を締めたり開いたりする肛門括約筋というものを動かすもので、

人によってはこれをした次の日にはもう痛みがおさまるという人もいます!

電車に座っている時や授業の合間などちょっとした時間にできるので1度やってみてください。

②肛門の血行をよくする

a0027972_14255352

具体的には

・ずっと座り込まない
・運動をする
・股関節のストレッチをする
・ホッカイロをパンツの上にはる
・下半身を温める
・シャワーではなくちゃんと入浴するようにする

などです。

デスクワークの人も多いと思いますがずっと座りっぱなしの人は1時間に1度くらいは立ち上がって肛門の血行をよくするようにしましょう。

仕事に熱中することは悪いことではないのですが大事だと思います。

またホッカイロは効果があったという声が多いようなのでかなりオススメです!

こちらのページにも分かりやすく紹介されています。

いぼ痔の治し方 – HAPPYエンジョイ・ライフ

ただ夏は蒸れるという欠点があるのでそのあたりは自分の判断でお願いします。^^;

③ウォシュレットを使用する

0fe059644851326e8939763e0a834921

自分ではちゃんとふきとったと思っていても実は汚れが残っていたということもあると思います。

ウンチをした時はウォシュレットを使用することで肛門を清潔に保ちましょう。

またトイレ関係でも1つ大事なのは長い時間トイレにいないということです!

便器に座る体勢は肛門へ大きな負担をかけます。

できれば2分以内にすますのが理想です。

ですが早く終わらせようといきみすぎてもそれはそれで肛門に負担をかけてしまうので気をつけてください。^^;

④卵油を塗る

img56505377

卵油とは卵の黄身を2時間ほど煮詰めることで得られる真っ黒の液体のことで、

これを患部に塗ることで大きな効果が期待できるとされています。

市販薬を使ってもダメだったという方は一度試してみる価値はあると思います!

コチラのページに卵油の作り方が書いてあるので是非参考にしてください。

痔の治療薬(卵油)の作り方

ですがこのページにも書いてありますがこの卵油は自分で作ると匂いや煙などなかなかすごいので気をつけてくださいね。^^;