日本酒と焼酎の違いは?日本酒のほうが二日酔いしやすいってホント??

019b14632bc00c81fa19c7d788812149

世の中にはビール、ウイスキー、ワインなどたくさんのお酒があります。


その中で日本特有のお酒である日本酒と焼酎。


これらの違いとは一体何なのでしょうか?


ちなみにコチラの記事では二日酔いを早く治すためのことについて紹介してありますので、
気になった方は是非参考にしてください!


二日酔いの対策や予防法には○○が大事!?迎え酒は絶対ダメ!!



スポンサードリンク



日本酒と焼酎の違い



0a3ad40ced1e57cc797987e0b504bbfb



早速日本酒と焼酎の違いについて紹介していきます。


日本酒と焼酎の違いは単純で日本酒は「醸造酒」であり、焼酎は「蒸留酒」であるということです。


醸造酒とは原料をアルコール発酵させてつくるお酒のことであり、
日本酒以外にはビールやワインなどがあります。


そして蒸留酒とはその鋳造酒を蒸留してつくったものになります。


焼酎以外にはウイスキーやブランデーなどがそうです。


つまり大雑把に言うと日本酒を蒸留すると焼酎ができあがるということになります。


日本酒に比べて焼酎の方がアルコール度数が高いのにはこういった理由があったからなのです。



日本酒は焼酎よりも二日酔いしやすい?



w



あまり知られていませんが実は日本酒は焼酎よりも二日酔いしやすいという特徴があります。


その理由はアルコールの種類にあります。


日本酒は鋳造酒なので酵母によってアルコール発酵したあとはそのままなので、
最終的には数種類のアルコール成分ができてしまいます。


この種類の多さが日本酒の味の複雑さのもととなるわけですが、


実は肝臓は数種類のアルコールを一度に摂取するとアルコールの処理能力が落ちてしまうのです。


なので日本酒を分解するということは肝臓にとってはとても大変な作業であり、
その分二日酔いしやすいということです。


日本酒とは違い焼酎は蒸留するためほぼ一種類のアルコールしか含まれていません。


なのでとても効率的にアルコールを分解することができ、
結果的に二日酔いしにくいというわけです。


これは蒸留酒と鋳造酒ほぼ全てに言えることで

ビールやウイスキーなどに関しても同じことが言えると思います。