お酒に強くなるには??方法やサプリ、食べ物などについて

thumb_450_01_px450



20歳になると飲めるようになるお酒。


特に大学生ですとことあるごとにイベントを開いていたりするため、
お酒を飲む機会というのもかなり多いのではないでしょうか?


ただお酒が弱い人にとってはなかなか思いっきり楽しめないこともあると思います。


そこでこの記事ではそんな人のために一体どうすればお酒に強くなることができるのかということについて、


分かりやすく紹介していきたいなと思います!!



スポンサードリンク



お酒に強くなる方法について



Zemanta Related Posts Thumbnail



まずはお酒に強くなる方法についてです。


まず一つに大事なのは根本的にはお酒の強さは変わらないと言われています。


それは何故かというとお酒の強さというのはアルコールを分解する酵素をどれだけもっているかということになり、


その酵素の量は増やすことはできず、
完全に生まれ持ったものだからということだからです。


これはちょっと残念ですが仕方ないので諦めましょう。( ̄ ̄;)


ですが根本的に変わらないだけであって、1人1人のお酒の飲める量は変わらないということではありません。


お酒に強くなることは不可能でもお酒をたくさん飲めるようにはなります。


そこで次に実際にお酒をたくさん飲めるようになるためのテクニックについて少しずつお話ししていきたいと思います!!



お酒をたくさん飲めるようになるためには?



type05



それではお酒をたくさん飲めるようになるためのテクニックについてです。


「本当はもっとお酒を飲みたいけどすぐに潰れてしまう」


という人は以下に上げるテクニックを実践してみましょう!


・お酒に慣れる
・自分がおいしいと思うものを飲む
・会話をする
・おつまみに油っぽいものは避ける
・万全の体調で飲み会にのぞむ
・酔う前に吐く



やはりお酒を飲んでいくうちによりたくさんの量を飲めるようになるということはあります。


何か事情があってすぐにお酒に強くならなければいけないのなら、毎日飲むようにするといいかもしれません。(体にはよくないのでオススメはしません)


また自分がおいしいと思うものを飲むというのは気持ちの問題だと思います。笑


やっぱりまずいものよりも美味しいものの方がたくさん食べれますよね?それと同じです。


そしておつまみですが、
油っぽいものはなるべく避けましょう。


胃にどんどん負担がかかるので気持ち悪くなったりしてしまうようです。


ちなみに食材関係でよく言われるチーズやヨーグルトを飲む前に食べるといいということですが、


あれは二日酔いを抑えるという効果があるというだけで飲む量にあまり関係ないようです^^;


あと忘れられがちなのが自分の体調についてで、
やはり風邪気味のときとかはやっぱり全然お酒飲めなくなります。


そして最終手段が酔う前に吐くということになります。


もちろん体によくありませんし体育会系の飲み会以外でこれをやっている人は見たことないので


一応最終手段ということで書いてはみましたがなるべくやらないようにしてくださいね。^^