七五三の衣装や由来 和装と洋装どっちがいいの??

nov02_a21

毎年11月の中旬に子供の成長を祝って行われる七五三。

男の子は3歳と5歳のときに

女の子は3歳と7歳のときに行います。

スポンサードリンク

 

七五三の由来は?

まずは七五三の由来についてです。

以前の日本では栄養失調や病気などの理由により、

子供の死亡率が今と比べてとても高いという状況でした。

なのでその頃7歳まではまだ人としての生命が定まっていない状態であるとされ、

人別帳にも7歳になるまでは記載されず、

「7歳までは神のうち」という考え方も存在しました。

そのため今と違いその頃は7歳を迎えることができたということはとても素晴らしいことであり、祝福するべきことだったのです。

また、

3歳で言葉を、5歳で知恵を、7歳で歯を神様から授かる

という考え方や、

奇数を縁起のいい数字とする中国の思想

などの影響もあり、

3歳、5歳、7歳のときにお祝いするようになったとされています。

 

七五三の時の衣装は?

 

656b45a34b021cad0a26810b0a42568c

知っての通り七五三の時は普段着ではなくその場にあった服を着ます。

親の衣装ですが、スーツやワンピースなどのセミフォーマルな格好が望ましいでしょう。

主役の子供を引き立たせるためにも

あまり派手でない服装の方が望ましいです。

次に子供の衣装を決める時ですが、

やはり悩むのが洋装にするか和装にするかということだと思います。

ここで一つ考えてもらいたいのが

子供にとって七五三はとても疲れる行事だということです。

やはり日本なので子供に着物を着せてあげたい気持ちはとてもわかりますが、

大人でも着物を一日中着ていると疲れます。

普段もそうなのですがせっかくの七五三ですから

子供に嫌な思いは絶対にさせたくないですよね?

なので最初の写真撮影の時だけ着物を着てもらい、

その後の食事会などの時は楽な格好をさせてあげると子供としては嬉しいかなと思います。

管理人オススメの衣装はコチラ ↓ ↓ ↓