師走の意味とは?

1354273431237

1年の最後の月である12月。

日本ではこの12月を師走(しわす)と呼びますがこれは一体どういう意味なのでしょうか?

スポンサードリンク

師走の意味とは??

img_reki07

師走とはもともと旧暦の12月を指す言葉で、

具体的には12月下旬から2月上旬ごろを指す言葉になります。

そして気になるその師走の意味についてですが、

実はこの師走という言葉にはいくつかの説がありまだはっきりしないことが多く正確にはわかっていません。

ですのでここではたくさんの説がある師走の意味の中でも有名なものや信頼性の高いものいくつか紹介していきます。

「師が走る」説

bouhan_img1202_01

「師が走る」説とは師が走る季節だからということなのですが、

この「師」が誰なのかによってまたいくつかの説に別れます。

・ 師=御師

御師とはお寺や神社などへ参拝しに来る人々の案内や参拝などをする人のことを指す言葉です。

12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、
師(御師)が走りまわるという意味で師走というのがこの説になります。

・師=お坊さん

年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげるという習慣が日本にはあります。

都会の方ではなかなか見かけない習慣かもしれませんが、
地方の方などへ行く現在でもよく見かけます。

ですので12月になるとお坊さんがとても忙しくなり、
そこから来ているのではないかというのがこの説になります。

・師=先生

先生とは学校の先生のことを指します。

12月は日頃落ち着いている学校の先生も忙しく走り回る月だというところからきた説です。

現在でも年末は学校の先生にとってはテストの作成・採点、行事や生活指導などとてもいそがしい月であるようで、

昔も今も学校の先生たちは同じようなサイクルで1年を過ごしていたのかもしれませんね。

「し・果す」説

t02200207_0656061811395303322

「し・果す」説とは師走を「し」が「果す」ととらえるという意味で、

つまりは「し」が終わるという説のことを指します。

「し」とは「仕事」や「四季」、「年」を意味しており、

一年の最後の月という意味合いが強いのがこの説の特徴です。

またこの説と似た説に総仕舞いを意味する「仕極(しは)つ」がなまったという説もあります。

「当て字」説

e696b0e6988ee8a7a3e381a8e696b0e981b8e59bbde8aa9ee8be9ee585b8

国語辞典を開いて師走の意味を調べてみると

「師走というのは当て字である。」

というふうにされています。

実は奈良時代の書物には「12月」と書いて「しはす」という読みがながふってあります。

これは一体何を意味するのかというともともと12月のことを奈良時代の人は「しわす」と読んでいたということで、

つまりは師走という言葉は誰かが字の意味を無視して適当につけた言葉ということになります。

少し無理やりな感じもしますがもしかするとこの説が一番正しいのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

探せばここに紹介したもの以外にもたくさんでてくると思います。

興味深いものや「さすがにこれはないだろう」と思わず突っ込んでしまうようなものまで色々あると思うので、

興味のある方は一度自分で調べてみるといいかもしれません。