「精霊流し」と「灯篭流し」の違いや意味など

お盆になると行われる「精霊流し」や「灯篭流し」。

精霊流しは長崎、灯篭流しは広島のものが有名ですね。

ですが一体これにはどんな意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

送り火と迎え火

精霊流しも灯篭流しは、実は「送り火」というものの一つなのです。

「送り火」とはお盆の行事の一つで、お盆にやってきた死者の霊をこの世からあの世に送り出すために火をたくという行事のことで、またはその火のことをさします。

その反対語に「迎え火」というものがり、これは送り火と逆のもので霊を迎え入れるためのものです。

お盆の始めに「迎え火」をして、お盆の終わりに「送り火」をするのですが、精霊流しや灯篭流しはこの送り火の一つの形として行われます。

知らない方も多いと思いますが、夏のビッグイベントの一つである打ち上げ花火ももともとは送り火の行事の一つであったとされています。

迎え火として有名なものは盆提灯などが挙げられます。

 

精霊流しと灯篭流し

 

まずこの二つの違いですが、全国的に「灯篭流し」が行われていて、その中でも長崎のものは他の地域とは少し異なったもので「精霊流し」と呼ばれているといった解釈で大丈夫だと思います。

要するに精霊流しは灯篭流しの一種なのです。

両者とも小さな船のようなものに灯篭やお供えものを積んで海や川に流すといったものです。

よく勘違いされるのですがこれらは「お祭り」ではなく「行事」の一つなのです。

ですが最近ではイベントとして行うところも少なくないです。

夜の川や海に流れるたくさんの灯はとても美しく、是非一度行ってみることをおすすめします。

 

ゴミ問題

最近ではこれらの行事をとても大きな規模で行う所も少なくありません。

それに伴って生じたものが流した灯篭などのゴミ問題です。

長崎で行われる精霊流しはその中でもとりわけ大規模なもので、

でるゴミは何十トンにも及びます。

ですが、これはそういった行事をするにあたって構成された役員などによってすべて処理されています。

昔はそのまま放置していたところもあったのかもしれませんが、現在そのようなことをしているところはないので大丈夫です。