*

竜巻のおきるメカニズムとは?その原因など

公開日: : 最終更新日:2014/01/07 気象・災害

竜巻とは知っての通り渦巻き状に風が吹きあがる現象のことです。

実際に見た方は少ないかもしれませんが、強いものだと建物を崩壊させたり、車を舞い上がらせたりととても大きな被害を及ぼすことがあります。

そんな竜巻ですが一体どういうメカニズムでおきるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

竜巻のメカニズム

竜巻とは正確に言えば積乱雲の下で地上から雲に向かって渦状にのびる上昇気流のことです。

似たようなものに台風がありますよね。

規模やそのエネルギー源などは全く違うのですが、実はそのメカニズムに関しての考え方は同じなのです!

その台風についての記事も一応載せておきます

台風が発生する原因とは?またその名前などについて!

ようするに強い上昇気流が地球の自転による力(コリオリ力)や風などにより横向きに力が加わることで渦状に周りだし竜巻となるのです。

 

スーパーセルについて

竜巻が発生するとき多くの場合はスーパーセルというものも発生しています。

これは簡単にいうととても大きな積乱雲のことで、

これが発生すると大雨やひょうや竜巻などが発生します。

実はこのスーパーセルが発生する原因はいまだよく分かっておらず、条件が整えば世界中どこにでも発生することがあるそうです。

日本でもたまに見られますが、世界で最もよくこれが確認されるのがアメリカで、そのせいもあり台風の被害が一番多いのもアメリカだそうです。

 

竜巻の過去の最大の事例

日本では山など障害物が多いためそこまで大きな竜巻はできないのですが、大きな平原などのある国ではとてつもない規模の事例があります。

そのうちのいくつかを紹介します!!

・世界一巨大な竜巻 エデン(オーストラリア)

高さ1528m、直径約3km

・世界一の最大瞬間風速を記録した竜巻 (オクラホマ州 アメリカ)

142m/s (512km/h)

・世界一直径が大きい竜巻 ハラム(アメリカ)

直径4km

 

最後に

ここまで書いてきましたが実は竜巻についてはまだ分かっていないことが多く

上に述べたメカニズムも有力な説の一つです。

強い竜巻が明らかにアメリカで多く発生する理由などについては現在のところほぼわかっていません。

この先もっと詳しく解明されて、竜巻が発生する前にどこにどれくらいのものができるかなど分かるようになればいいなと思います。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

Zemanta Related Posts Thumbnail

地盤沈下の原因やしくみなど!!

地盤沈下とはその名のとおり地盤が沈下する現象で、 時に大きな被害をもたらします。 その原

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

放射冷却とは?原理や意味、冷蔵庫などについて

天気予報などでよく耳にする放射冷却。 主に冬の夜間に発生しますが 一体これはどういうことなの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑