友ヶ島観光について!アクセスや生き方など ラピュタそっくりの島??

10photo04

和歌山県和歌山市に属する無人島である友ヶ島。

戦争に関係する遺跡が多く残されており、

その景観がジブリの「天空の城ラピュタ」にそっくりなことでも知られている

友ヶ島についての記事です。

スポンサードリンク


友ヶ島観光について

tp0003

友ヶ島の魅力は何といってもその自然で、

少し前までは電気も自家発電でまかなっていたほどの自然のままの島であるということです。

実は後でも触れますがこの友ヶ島はもともと軍用地であり、

一般の人は立ち入ることができませんでした。

そのため今も島内にはいまだに大戦中の施設などが多く残されいて、

歩道などもほとんどが軍用道路となっており、

日本列島内ではなかなか味わえない風情ある情景となっています。

また他にも約400種もの植物や

リスや孔雀などといった珍しい動物なども多く生息していて

それらを楽しめるハイキングコースや散策コース、

また夏には磯遊びやキャンプ、釣りなどがとても人気となっています。


友ヶ島の歴史

n2_photo_02

友ヶ島はもともと一般人が入れるようなところではありませんでした。

江戸時代には修験道の修行場所として、

明治時代には旧日本軍の要塞施設として使われており、

灯台や砲台跡、展望台など、

それらにまつわるものが数多く残されています。

その歴史ある景観などがあのジブリの作品である「天空の城ラピュタ」に似ているとのことでも知られており、

興味のある方は是非コチラのページを参考にしてみてください。

大阪から日帰りできる「ラピュタそっくりな島」友ヶ島

また水道などもきちんと設備されていないため

井戸などは一応ありますが安全とは言えないため

行かれる際には飲料水などを必ず持参するようにしましょう。


友ヶ島へのアクセス

4b0a66f14e107image9622540

 最後に友ヶ島へのアクセスについてです。


  

加太港~友ヶ島 フェリーで約20分 (片道1000円)

大阪~加太 電車で約1時間30分

大阪からも日帰りで行ける距離にあるので、

興味のある方は是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?