*

酉の市とは?一の酉、二の酉、三の酉などについて

公開日: : 最終更新日:2014/06/23 イベント・季節の行事

6349489583_f76e403097_z

毎年11月に各地の神社などで行われる酉の市。

ですが一体これにはどのような意味があるのでしょうか?

またどのような由来があるのでしょうか?

そんな酉の市についての記事です。

スポンサードリンク


酉の市とは?

IMG_0372_1_3_1

酉の市とは毎年11月の酉の日に商売繁盛を祈願して行われるお祭りのことです。

主に関東地方で行われますが、

日本各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)でも行われています。

酉の日は全部で3つあり、

一の酉、二の酉、三の酉となっています。

これらの酉の日は12日おきにやってくるため三の酉がないという年もあり、

また三の酉がない年は火事や災いが多いとされていて

その年は火難や災難よけのお守りを飾ることもあります。

露店などがいくつも出店し、

とても賑やかなお祭りとなっています。

また多くの露店では縁起物の「熊手」というものを売っており、

年末の風物詩としても有名です。


熊手とは?

67dd3212

熊手とは長い柄の先に熊の手のような形をした爪をつけたもので、

もともとは武器として敵を馬上から引きずり下ろしたりするためのものでした。

この酉の市で売られているものは縁起熊手といい

「福をかきこむ」と言われ、

開運招致や商売繁盛を願っています。

シンプルなものから縁起物がたくさんついて派手なものなど、

その種類は様々ですが、

自分がこれがいいと思ったものを買うのが一番いいようです。

またこの熊手の飾り方ですが、

しっかり福をかきこむためには目線より高い位置に飾るのが一般的で、

玄関に飾るのが最も定番なようです。

また正面を北に向けて飾るのは縁起がよくないとされているので

注意が必要です。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

【簡単】ペットボトルを使った夏休みの工作について!

たくさんの子ども達が毎年楽しみにしている夏休み。 友達と遊んだり家族とでかけた

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

地蔵盆とは?由来や意味、正しい水引や表書きは??

近畿圏を中心に盛んに行われる「地蔵盆」 盆という字のとおりお盆の時の行事なのですが、盆らしくないの

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

小正月の意味とは?行事など!!

皆さんは小正月というものをご存知でしょうか? 1月1日の正月は当然みなさん知っ

記事を読む

合コンで盛り上がる話題について!!大学生や社会人におすすめ!!

初対面の男女が仲良く食事を食べたりお酒を飲んだりする合コン 「彼女は欲しいけど

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

ホワイトデーのお返しはどうすればいいの?本命、義理チョコのお返しについて!!

今やニュースなどで取り上げられるなど、 一つの大きなイベントとなったバレンタインデー。

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

お正月に食べるおせち料理の意味とは?由来や盛り付け方など

正月に振舞われるお祝いの料理であるおせち料理。 毎年楽しみにこれを待っている人

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

お歳暮とは?時期やお礼状など

12月の季語でもあるお歳暮。 年末にかけてよく聞く言葉の一つですが これには一体どんな意

記事を読む

バーベキューのレシピや食材について!おすすめや変わり種、面白いネタ食材など

これからの時期だんだんと暖かくなってきて 「外で何かしたいなあ」 な

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

七五三の衣装や由来 和装と洋装どっちがいいの??

毎年11月の中旬に子供の成長を祝って行われる七五三。 男の子は3歳と5歳のときに 女の子

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

ハロウィンの由来や意味など!実は日本でいうお盆のようなものだった??

日本ではあまり普及していないハロウィン。 ヨーロッパを起源とする行事で毎年の10月31日の夜に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑