貯金の仕方やコツについて!貯金ができない人が気をつける6つのポイントとは??

201205_money_2971_w800

急な出費やアクシデントなどがあった際に何かと役に立つ貯金。

あると安心ですが実際のところ貯めるのがなかなか難しいのが本音ですよね。

そこでこの記事では貯金が苦手という人でも簡単に実践できる貯金の方法やコツについてわかりやすく紹介していきたいと思います。

これを読んであなたも今日から貯金を始めましょう!

スポンサードリンク

6つの貯金の方法・コツについて

①給料から天引きしてもらう

money

まずは給料から天引きしてもらうという方法です。

これが最も簡単で効果のある貯金の方法です。

人間は誰しもお金が手元にあると使いたくなってしまうものです。

ですのでお金が手元に入る前に給料から天引きしてもらうことで確実にお金を貯金していきましょう。

ちなみに天引きというのは会社や振込まれる銀行に申請すれば手続きをすることができます。

またこの時注意してもらいたいのは貯金できる最大限の金額を貯金してしまわないことです。

無理は長続きしません。

ですのである程度の余裕を持ってやることが大事になってきます。

目安としては貯金できる最大限の金額の半分くらいでちょうどいいと思います。

何にせよ無理はしないように気をつけましょう。

②罰則貯金をする

batu

罰則貯金とは何か自分の中でルールを決めて、そのルールを破ってしまったときに罰則として一定の額を貯金するというものです。

例えば

「自炊せず外食に頼ってしまったら500円貯金」

という風に自分のルールを決めて貯金をしていく方法です。

毎日貯金するよりも精神的に楽なのでかなりおすすめの貯金の方法になります。

③貯金箱を使う

tyokibako

定番で昔からある貯金の方法の一つです。

一応説明をしておくと財布にある小銭を少しずつ貯金箱に入れていき貯金箱がいっぱいになるまでそのお金は使わないでおくという方法です。

このとき2つ注意してほしいことがあります。

それは

・貯金箱は中身が見えない物にする
・貯金箱は簡単に開けることができないタイプのものを使う

ということです。

中身が見える方がやる気がでるのではないかと思う人も多いと思いますが、中身が見えるとどうしても

「今あければ~万円くらいになるからもういいかな」

という風に考えてしまいます。

もちろん中身が見えないからといってこういう考えがおこらないかと言われればそうではありませんが、

中身が見えない方がその誘惑は弱くなります。

また簡単に開けることのできないというのは簡単に開けることができたら使ってしまうからです。

④固定費を削減する

ebb0ec38c18399d424d38225d50022dd

次に固定費を削減するということについてです。

固定費というのは保険料や携帯電話料金などのことで簡単に言うなら月々の支払いのことです。

この固定費は一度削減することに成功してしまえば後は何もしなくても勝手に節約することができるというメリットがあります。

例えば携帯電話料金のプランを安いものに変更したりMVNO(格安スマホ)を利用したりなどの方法があります。

他にも色々見直すことで人によっては月に1万円以上のお金が浮くこともあるでしょう。

たしかに面倒な作業ではありますが是非やってみてください!

⑤食費を決める

food

貯金がなかなかできない人の中には食費をうまく節約することができていない人がかなり多いです。

どうしても財布にお金が入っているとコンビニで買い食いしてしまったり外食に頼ってしまったりという風になると思います。

そこでおすすめなのが毎週の食費を決めることです。

人間は目標がないとなかなか行動することができません。

ですが「毎週~円までしか食費に使わない」と目標を決めることでただ節約しようとするよりもグッと節約しやすくなります。

またここでポイントなのが毎月ではなく毎週ということです。

期間がそれほど長くないことで続けやすい上に、

一回の買い物で一週間分の食料を買いだめすれば買い物する手間も省くことができます!

食費がなかなか抑えられなくて困っている人はかなりおすすめの方法です。

⑥家計簿をつける

0img10081991984

最後に家計簿をつけるという方法です。

「家計簿をつけるだけでは効果がないのでは?」

と思う方も多いでしょうがそんなことはありません。

例えば主婦の方を対象にしたある調査によれば家計簿をつけていない人よりも家計簿をつけている人の方が貯金額が平均して200万円も多かったという報告もあります。

自分が今どれくらいお金を使ったかを簡単に把握することのできる家計簿は、

特に何かを我慢することなくつけておくだけで効果が期待できるところが素晴らしいところです。

ちょっと面倒かもしれませんが是非今日から家計簿をつけるようにしましょう!

また家計簿はノートに1つ1つ書いていくのも悪くはないですが、

スマホなどをお持ちの方は家計簿アプリなるものをとると簡単に家計簿をつけることができるのでオススメですよ^^