*

VDT症候群とは?予防法や対策、ストレッチの方法など!!

公開日: : 最終更新日:2014/02/27 症状

Frustrated Woman at Computer With Stack of Paper

皆さんはVDT症候群という言葉をご存じでしょうか?

VDTとはVisual Display Terminalの略で、

つまりこれはパソコンなどを長時間見続けることでおこる様々な症状のことを指します。

眼病やストレス障害に陥るケースも増えており、

社会問題にもなりつつあるそんなVDT症候群についての記事です。

スポンサードリンク


VDT症候群の症状について

20130614_1

VDT症候群の主な症状としては


  • 目の疲れ、痛み
  • 首や肩のこり、痛み
  • ドライアイ
  • 腕や手の痛み

などがあげられます。

たかが肩こりくらいでと思うかもしれませんが、

本当に怖いのはその後こういったことが原因でストレス障害を抱えてしまう恐れがあるということです。

具体的にはイライラやめまい、食欲不振。

ひどい場合には睡眠障害や抑うつ状態などの症状がでることもあります。

甘く見るのは絶対にやめましょう。


VDT症候群の対策と予防法

ref_l

VDT症候群の原因は主に長時間の作業やその環境などにあります。

ですのでその対策や予防法としては


  • 1時間おきに少し休憩をとる
  • まばたきを意識的に行う
  • 画面と室内の明るさを同じくらいにする
  • 楽な姿勢で作業を行う
  • 画面と目を近づけ過ぎない
  • パソコン用のメガネを使用する

などがあげられます。

特に休憩を取るということはとても大事なことで、

ストレッチなどをして軽く体をほぐしてあげることで血流をよくすることができ

目の疲れだけでなく肩こりなどにも効果があります。

最近ではスマートフォンの普及により全体的にディスプレイを見る時間がとても増えてきています。

当たり前と言えば当たり前のようなことが多いのですが、

これらを普段から意識して出来ている人は少ないと思うので、

もし自分がVDT症候群になる恐れがあると感じた方は

一度見直してみましょう。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

低温やけどの処置や症状について!!水泡やしくみなども

多くの人が1度は経験したことがあるはずのやけど。 普通のひっかき傷などとはまた違った痛みがあり

記事を読む

寝違えたときの治し方は!?原因や治療法など

皆さんも一度は経験のある「首を寝違えた」という状態。 なんとなく軽く見られるこ

記事を読む

熱中症とは??症状や対策や応急処置など

暑い日が続きますね。 これだけ暑いとやはり気をつける必要があるのが熱中症だと思います。

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

低体温症とは?治療法や症状チェックなど!!原因は○○だった!?

男性よりも特に女性に多く見られる低体温症。 なんとなく軽視されがちですが実は老化やガンにも

記事を読む

9fdaece9d8bccd04c630c668f27b4e6a

貧血の症状と対策、予防法など 鉄分だけとっていてもダメなの??

血液が薄くなってしまうことでおきる貧血。 細かく言うと血液中にあるヘモグロビンとい

記事を読む

食べても満腹感がない人の3つの原因について!病気やストレスが原因かも!?

「どんなに食べても満腹感がない」 あなたはそういう症状がでたことはありませんか

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

底冷えとは?対策や意味、防止策など

今年も寒い時期がやってきましたね。 この時期に起こる現象の一つであるのが「底冷え」

記事を読む

空腹時に吐き気がする人は要注意!?胃酸過多の症状や対処法について

空腹時に吐き気がしたり胃がムカムカしたりなど、 誰しも1度は味わったことのある

記事を読む

ibiki_index

いびきの治し方や原因など!寝方が仰向けなのはよくない??

寝ている時に無意識におこるいびき。 いびきをかいている方は特に何も思わないかもしれ

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

高血圧とは?原因、対策、予防法など

様々な病気の原因となる高血圧。 高血圧が悪いということは皆さん知っていてもじゃあそれがどう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑