*

ワインのコルク栓の簡単な開け方!!コルク抜きがない時でも大丈夫!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/29 生活の知恵, 酒・タバコ

wine_03

ワインを飲む時当然ですがキャップ式ではなくコルク栓で蓋をしている場合はそのコルク栓をまず抜きますよね?

ですが意外とこの作業は失敗することが多く、


「途中でコルクが折れた」

「コルクが割れてワインの中にコルクが入ってしまった」


などとということがよく起きますよね。

そこでこの記事では簡単にワインのコルク栓を開ける3つの方法を紹介したいと思います!!



スポンサードリンク



その① ワインオープナーを使ったやり方



まずはワインオープナーというものを使ったやり方を紹介します。

個人的にはこれが一番簡単な方法だと思います。

ワインオープナーとはその名の通りワインのコルクをあけるための道具で

使い方はこういう感じです!!





これだと本当に失敗することが少なくすむので

ワイン愛好家の方は是非購入されることをオススメします!!

ちなみに電動のものもあります。




その② ソムリエナイフを使った方法



次にソムリエナイフというものを使った方法です。

その使い方はこんな感じです!!





先ほど紹介したワインオープナーよりかは少し技術が必要ですが、

ワインオープナーとは違いダイソーなどの100円均一ショップなどにも売っているのでとても手に入りやすいです。

慣れればこれもとても簡単に開けることができるので、

たまにしかワインを飲まないといった方や

あまりお財布に余裕がないという方にオススメです!





その③ 何も使わない方法



最後に何も使わずにコルクの栓を抜く方法です!





とてもワイルドですよね(^^;

高級なワインの栓をこの方法で抜くのはちょっとおすすめできないですが、

いざという時にとても役に立つ方法だと思うので

覚えておいて損はないと思います!!

また動画では靴を使ってワインボトルが割れないようにしていましたが、

タオルなどを使っても同じように開けることができます。





いかがでしたでしょうか?

これでもうコルク栓を抜くのを失敗したなんてことは起きないはすです!

快適なワインライフを楽しみましょう!!




2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

関連記事

タバコの種類や銘柄ごとの特徴について 初心者におすすめなのは??

今や100を超える種類があるタバコ。 「どれも同じだろ」と非喫煙者は思うと思い

記事を読む

もち米と炊飯器でお餅をつくる方法!!おいしいお餅の食べ方なども

毎年この時期になると食べたくなるお餅。 お店で販売しているものも悪くはないのですが、 や

記事を読む

ウイスキーのおいしい飲み方について!種類、銘柄など

焼酎やウォッカなどと同じ蒸留酒として多くの人に飲まれているウイスキー。 ですが

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

二日酔いの対策や予防法には○○が大事!?迎え酒は絶対ダメ!!

お酒を飲む人は少なくとも1度は経験したことがある二日酔い。 飲んでいるときは楽しいので

記事を読む

タバコの吸い方について!初心者の方にも分かりやすく解説!!

一般的に悪いイメージがあるタバコ。 ですがなんだかんだいいつつやはりタバコを吸

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

生ビール、発泡酒、第3のビールとは?それぞれの意味や違いについて

代表的なお酒であるビール。 おそらく最も飲まれているお酒であり、 一杯目は絶

記事を読む

お酒を飲むとすぐ下痢になるのはどうして?対策や病気の関係性など!!

20歳になると飲めるようになるお酒。 人付き合いの潤滑油とも呼ばれており様々な

記事を読む

禁煙による「眠気」「太る」への対策について!!おすすめ禁煙グッズなども

体へのいくつもの悪影響があるとされているタバコ。 この世界的禁煙ブームの中どん

記事を読む

「ビールがまずい」「苦い」という人へ  ビールが美味しく飲めるようになるための5つの方法とは!?

飲み会や合コンなど、大人数でお酒を飲む機会は大人になってくると増えてきますが、

記事を読む

Zemanta Related Posts Thumbnail

日本酒と焼酎の違いは?日本酒のほうが二日酔いしやすいってホント??

世の中にはビール、ウイスキー、ワインなどたくさんのお酒があります。 その中で日本特

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑