やけど虫とは?症状と対策!!

皆さん「やけど虫」という虫をご存知でしょうか?

実をいうと私はつい最近まで知りませんでした。

スポンサードリンク

 

やけど虫とは??

 

0bc6a1d71fc81fe7d3d932316ba0f153

やけど虫とは「アオバアリガタハネカクシ」の別名で、

日本全土を生息地とする体長約7mmの小さな虫です。

水田の周りや池など湿潤な草地を好み、

6~8月にもっとも多く発生します。

この虫の大きな特徴として体液にある種の毒が入っており、

潰したりなどしてその毒が人間の皮膚につくことで皮膚炎が引き起こされ、

腫れや水ぶくれなどの症状がおきます。

「やけど虫」という別名はそこからきています。

 

やけど虫の被害にあってしまったら

まずやけど虫の被害にあってしまったらどうすればいいの?

ということですが、すぐに皮膚科へ行ってください。

やけど虫の毒は実はかなり強力なもので、

目に入ると最悪失明の恐れすらあります。

まあ実際は結構見た目も大変な感じになるので、

何も知らない人でもすぐ病院に行きたくなると思うので大丈夫です。

 

やけど虫への対策!!

次にやけど虫への対策ですが実は特にこれといっていい方法がなく、

あえていうなら虫との接触を避けるくらいだと思います。

殺虫剤などで殺してしまってもその死骸を誤って足で踏んでしまったりすると全く意味がありません。

やはり大事なのはやけど虫を家の中に入れないことです。

一度やけど虫が家の中で確認されたら、

その後少しの期間は窓を完全には開けないで網戸をしたり、

網戸をすり抜けてくるようだったらエアコンを使ったりするといいと思います。

また他の小さな虫と同様に光に集まる習性があるということも覚えておいて損はないと思います。

川や山など自然に触れる機会が多くなるこの季節ですが、

そういうところにやけど虫は多く生息しています。

せっかくの楽しい時間を台無しにしないためにも、

やけど虫には注意してもらいたいですね。