安くて手軽に食べることができる牛丼ですが、 いろいろな店舗がありますよね? 一体それぞれの牛丼屋にはどういった特徴があるのでしょうか? 今回は吉野家・松屋・すき家の3つの店舗について調べてみました!  

吉野家の特徴

  一番の老舗であり、牛丼といえば吉野家!という方も多いのではないのでしょうか? 吉野家はそれほどの圧倒的知名度を持っています。 なので昔から吉野家だから今も吉野家をよく利用するといった人が多いようです。 また店員と客とのコミュニケーションを重視する方針で、「つゆだく」や「つゆぬき」といった細かい注文をすることができるところも人気の理由です。  

すき家の特徴

  すき家の特徴と言えば何といってもメニューの多さです!   トッピングももちろんのこと、サイズも6段階あり、バリエーションに富んだ牛丼屋だといえるでしょう。   またすき家では牛丼だけでなくカレーにも力を入れており、こちらの方も人気があります。 すでに知っている方もいるかもしれませんが、すき家は牛丼チェーン店の中では一番店舗数が多いです。 2位の吉野家は焼く1200店に対してすき家はなんと約1900店!! メニューの多さがお客を飽きさせることなく、いつまでも楽しませてくれているのだと思います!  

松屋の特徴

  松屋の最も大きな特徴として丼ものには全て無料で味噌汁がついてくるというサービスがあることです! これはほかの牛丼屋では見られないもので、松屋が好きという方の大きな理由のひとつになっています。 いつもと同じ値段で牛丼と味噌汁が食べられるなんてとてもお得ですよね。 また発券機をおいてあるためメニューを選ぶのが楽といった声もあります。 また定食の方の評判もよく種類も豊富です。

まとめ

  最後にまとめると   吉野家・・・定番、鉄板 すきや・・・メニューが豊富   松屋・・・味噌汁がついてくる   という感じだと思います。   当然それぞれの店舗での牛丼の味にも差があるため、   一度全ての店舗で食べ比べなどをしてみて自分の一番好きな牛丼屋を決めてみるのも面白いかもしれません。

ショートコード

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク