ボジョレー・ヌーボーの意味や味、特徴など!高級ワインではない???

0a02dddeffc23d3a1cb5d435acc69420

誰もが一度は耳にしたことのある「ボジョレー・ヌーボー」。

毎年11月第3木曜日に解禁され、

あまり知られてませんが

全生産量の約4分の1を日本が輸入しています。

そんなボジョレー・ヌーボーについての記事です。

スポンサードリンク

 

ボジョレー・ヌーボーにはどんな意味があるの?

 

6aeb5bd71a6c4e8a139ca6207266e4e6

ボジョレー・ヌーボーのボジョレーとは

フランスワインの一種である「ボジョレーワイン」のことをさします。

そしてヌーボーとはnouveauと書き、

直接訳すと「新しい」という意味です。

つまりボジョレー・ヌーボーとはその年で一番早くできたボジョレーワインということになります。

ちょっと意外ですよね。

またヌーボーには試飲新酒という意味もあります。

業者などの大量のワインを購入する人にとっては、

その年に収穫されたブドウが良質であるかどうかの確認をするための試飲用としても使われます。

よく高級ワインと勘違いしている方がいますがそういうものではありません。

「高級」ではなく「季節感のある楽しいワイン」という感じの方があってると思います。

 

ボジョレー・ヌーヴォーの特徴と製造法

453e84603c117c09cd94ac853a9b1c91

ボジョレー・ヌーボーの特徴としては

 

  • 渋みや苦味が少ない
  • くせがあまりない
  • フレッシュ
  • 初めての人でも飲みやすい
  • 熟成されると味が落ちる
  • 少し冷やした方が美味しい

などがあります。

熟成されると味が落ちたり、少し冷やして飲む方が美味しいなど、

通常のワインとは違う点が多く見られます。

これらの多くは製造法の違いから来ています。

ボジョレー・ヌーボーはマセラシオン・カルボニック製法と呼ばれる作り方でつくられます。(名前はどうでもいいです。)

これは一般的なものとは違いブドウを潰さずに発酵タンクにいれ

自然発酵させるという特徴があります。

これによって皮の成分が果肉までいき、

渋みや苦味などをおさえたフレッシュなワインをつくりだすことができるのです。

また一般的なものよりも高温で醸造することで短時間で発酵が終わるという特徴もあります。