バイクの夏の暑さ対策について!服装やブーツ、プロテクターなどについて

bike-untiair

春が過ぎ夏が始まるといよいよ暑さがピークを迎えます。

「夏はバイクが気持ちよさそう」

なんていうことをバイクに乗らない人が言っているのをたまに耳にしますが、
実際は全くそんなことないですよね?^^;

日光やアスファルトによる照り返しなどはもちろん、バイクの熱や服装などもあるので車に乗っている方が何百倍も快適な思いをします。

ですがやはりバイクにはバイクにしかない魅力というものがあるものです。

そこでこの記事ではそんなバイク乗りには辛い時期である夏の暑さ対策について紹介しようと思います!

スポンサードリンク

服装について

qandp_ls2-of370-008

まずは服装についてです。
一体どのようなものが涼しくていいのでしょうか?

よくある勘違いとしては半袖短パンは涼しくないということです。

普通に生活する分にはいいのですがバイクに乗るとなると直射日光を防ぐことができないので暑いだけでなく体力も奪われてしまうので危険です。

またバイクを長時間動かすとバイク自体が触るとやけどしてしまう温度になることがあります。

半袖半ズボンだとうっかり触ってしまってやけどしてしまったということにも当然なりかねないので、

やはりバイクに乗る時は夏でも長袖長ズボンを心がけるようにしましょう。

メッシュジャケットやメッシュグローブをつけるとなおいいです。

来たことのない人は分からないと思いますがメッシュジャケットは風通しがものすごくよく、肌が日光にさらされないため半袖半ズボンよりも涼しいです。

ヘルメットは暑さ対策という点においてはジェットヘルメット>をオススメします!

それはなぜかというとジェットヘルメットの場合はヘルメットをかぶった状態で水分補給ができるからです。

熱中症対策に水分補給はかかせません。

半ヘルもそうなのですがやはりあれは危険すぎますよね。^^;

また靴ですがやはり涼しいメッシュ素材を使ったものがいいと思います!

走行中だけでなくバイクからおりて歩く時でも普通の靴よりかは涼しいと思うので買って損はないはずです。

間違ってもクロックスなどで乗るのはやめましょうね。^^;

その他の暑さ対策

797dce02f05a61703fac41f607f753fe17601b32.29.1.12.2

その他には一体どのような暑さ対策があるのでしょうか?

服装以外の暑さ対策としては

・冷えピタやアイスバッグなどを使う
・水分補給をする
・低速で運転する
・朝早く出発する(ツーリングなど)
・体力を強化する

などがあります。
暑さ対策というよりかは熱中症対策といったものの方が多いかもしれません。^^;

冷えピタやアイスバッグなどバイクに関係なくても涼しくなる関係のグッズを使うことはとても効果のあることです。

色々なお店で鉄板のものからユニークなものまで販売されているので自分で買って色々と試してみてください!

低速で運転するというのはバイク自体の熱を上げないためです。

加速したい気もちはすごい分かるのですが燃費にもあまりよくないので低速で運転することを心がけましょう。

ですがやはり最後は自分の体力がものをいいます。

暑さを対策するのも大事ですが暑さに耐えることができるようになることもバイクが好きでよくツーリングなどに行かれる方にとっては大事だと思います。

最後にいくつか個人的にオススメする暑さ対策グッズのリンクを貼っておきますので興味のある方は見てみてください。^^