赤ちゃんの蚊の対策について!蚊取り線香とかって使っても大丈夫なの??

yfPUe2KXsAbq2Knl09bF9GZQUWLj8SFv

夏になると必ず悩まされることになる蚊。

特に小さい赤ちゃんなどがいる家庭ですと何か病気をうつされそうであったりととても心配になりますよね?

そこでこの記事ではそんな人のために赤ちゃんに対する蚊の対策について分かりやすく紹介していこうと思います。

この記事を読んで頑張って夏を乗り切りましょう!!

スポンサードリンク

赤ちゃんと蚊について

ka

まずは赤ちゃんと蚊についてです。

あまり知られていないのですが実は赤ちゃんは蚊に対する抗体がないので刺されてもかゆみなどは感じないそうです!

ですので本人がかゆがっていなければ特別薬を塗る必要はありません。

そしてこれは赤ちゃんに限りませんが、
蚊にさされやすい人の特徴としては

・汗をかいている人
・濃い(黒に近い)色をしている服を来ている人
・日焼けしている人
・体温が高い人
・男の人

だそうです。

実は蚊は人や動物がだす二酸化炭素を感知して近寄っていくそうで、
そのため体温が高い人や運動して汗をかいている人などは蚊に刺されやすいそうです。

また大人よりも赤ちゃんの方が赤く腫れやすいそうで、

まっかっかに腫れた赤ちゃんの肌を見るととてもかわいそうに思えますが、
本人は特に気にしていないことが多いようです。^^:

とは言いつつもやっぱり蚊に刺されたとき一緒に何か病気などをうつされそうで怖いと思います。

ですので次からは一体どうすれば赤ちゃんを蚊から守れるかということについて書いていきたいと思います!!

赤ちゃんを蚊から守るには?

katorisenkou

それでは一体どのようにして赤ちゃんを蚊から守ればいいのでしょうか??

基本的には普通に自分が蚊にさされないようにするようにすれば大丈夫です。

例えば

・蚊取り線香
・虫除けキャンドル
・虫除けスプレー
・蚊帳
・家庭用殺虫剤(ノーマットなど)

などです。

蚊取り線香の煙や家庭用の殺虫剤など赤ちゃんに何か悪い影響がないのかということで心配になる人もとても多いと思いますが、

基本的には体に毒はないので大丈夫です!

ただ蚊取り線香の場合は煙が直接目に入ると粘膜などを傷つける恐れがあるので
赤ちゃんの目の届かないところに置くようにしましょう。

また肌に塗るタイプの虫除けはもちろん国が定める安全の基準はクリアしていますが、

まれにそれに含まれる成分の一つが体に影響を及ぼすそうなのでやめておいた方が無難です。

特に基準が厳しいほかの国では販売できないものも中には売られているそうなので、
国民注意センターも喚起しているようですね。(‐_‐;

やはり一番体にとって安全でオススメなのは蚊帳を使うことです!

唯一の欠点「めんどくさい」ということを何とかできればの話ですが、、、笑

他にもハッカ油などを使ったりと天然のものを使って蚊をよせつけないようにするとより安全度が高くなると思います!