サウナと岩盤浴の効果の違いについて 痩せるのにはどっちが適している??

xganban_ganen_1.jpg.pagespeed.ic.-qKLf7PqP9

どちらも汗を流すことで美容や健康によい効果をもたらしてくれるサウナと岩盤浴。

ですが実際のところこの2つはどのようなところに違いがあるのでしょうか?またどちらの方が優れているのでしょうか?

サウナと岩盤浴についてそれぞれ調べてみました!

スポンサードリンク

サウナの特徴について

sauna_ph1

まずはサウナの特徴からです。

サウナとは皆さんもよくおご存知のとおり主にスチームなどを用いてできるフィンランド式の蒸し風呂のことで、

だいたい80~100℃の温度となっており、
一般的にはサウナと水風呂を繰り返すのが正しいサウナの使い方とされています。

効果としてはサウナに入ることで出る大量の汗によって毛穴や汗腺をきれいにしたり、
細胞の働きを活発にしたり血液循環をよくしたりなどがあげられます。

また水風呂に入ることで肌の締まりがよくなり美肌効果もあると言われています。

湧き出るように出てくる汗が気持ちよくてついつい長く入ってしまうという人も多いのではないでしょうか。^^

ですがサウナの長時間の滞在は体の負担になります。また食後やあまりにも疲労している時なども体への負担が大きいのでできる限りサウナは控えるようにしましょう。

岩盤浴の特徴について

gan-peito

次に岩盤浴についてです。

岩盤浴とは温めた天然石や岩石などのベッドの上で横になることで石から発せられる遠赤外線により汗をかくというものです。

岩盤浴の特徴の一つとしてサラサラとした汗をかけるというものがあります。

これは岩盤浴の遠赤外線によって体の深部から温めることで皮脂腺というものが開くからだと言われています。

この皮脂腺というのはなかなか開くものではなく、
マラソンで言えば30キロほど走らないと開かないそうです。

この皮脂腺からは酸化された古い油や老廃物、化学物質を排出することが可能なので、疲労回復やデトックス効果が大いに期待できます。逆に汗腺などから出る汗はベタベタしているのが特徴で、嫌な汗とも言われます。

サウナと岩盤浴の違いは?

それでは本題のサウナと岩盤浴の違いについてです。

この両者の違いは体の温め方にあります。サウナの場合は体を表面から温めますが岩盤浴では体を内側から温めます。

そのためサウナは汗腺から汗が出ますが岩盤浴の場合は皮脂腺が汗がでるため体内に溜まった毒を排出させるデトックス効果としては岩盤浴の方が優れています。またよくサウナは汗をかくことで新陳代謝をあげダイエットに効果があるということも耳にしますが、岩盤浴についても同じことが言えるでしょう。

ですので比べるのもおかしい話ですがサウナと岩盤浴では岩盤浴の方がやや優れていると言えるとここでは結論付けたいと思います。ただ優れているというだけで好き嫌いはまた別の話です。

優れているからサウナがダメということはもちろんありません。

サウナが好きならサウナに行くべきです。

自分のお財布との兼ね合いもあるのでこのことを踏まえた上でこれからの毎日に役立ててもらえればと思います。