にんにくの効果や効能、臭いなどについて にんにくの臭いにはカテキンがいい??

all-760

 

餃子、ラーメン、炒め物など様々な料理に使われるにんにく。

栄養や殺菌など様々ないい効果をもたらしてくれる反面、

食べたあとの口臭などがとても気になるという方も思います。

そんなにんにくについての記事です。

スポンサードリンク


にんにく効能や効果

nin-hatake1

まずあまり知られていないにんにくの効能や効果についてです。

にんにくには実はたくさんの効能や効果があります。

具体的には


  • 疲労回復
  • 体力増強
  • がん予防
  • 殺菌効果
  • 整腸作用
  • 血液をサラサラにする
  • 血圧を安定させる

などです。

にんにくは天然の抗菌薬と言われており、

古代エジプトのピラミッドをつくった人達は毎日にんにくを食べていたという話もあるほどです。

これらの多くはにんにくに含まれるアリシンという成分のはたらきによるものです。

アリシンは非常に優秀な抗菌・殺菌作用を持っており、

その作用は12万倍に薄めた液でもコレラ菌や赤痢菌などを倒すことができると言われています。

またこのアリシンは体に吸収されにくいビタミンB1を体に吸収しやすい形に変えるという働きももっており、

疲労物がたまりにくく疲れにくい体をつくる手助けをしてくれます。

また他にもある種のがんに対して防御作用を持っていたり、

心臓病などに対しても効果が見られるなど

とても優秀な食品の一つなのです。


にんにくの臭い

a959c5bc

にんにくといえばやはりあの臭いですよね。

食後16時間後でも他人が感じる程に臭いは残るといった調査結果もあります。

この臭いは一体どこから来ているのかというと

実はこれも先ほど紹介したアリシンによるものなのです。

そしてこの臭いを消す方法ですが、

最も有効とされているのがカテキンをとることです。

カテキンにはアリシンと結合することでその臭いを消し去るという性質があります。

カテキンを多く含む食品としては青汁、緑茶、りんごなどが挙げられます。

またこの嫌な臭いのもとであるアリシンは吸収された後血液にのって全身を回るため食べてから時間が経ってしまうと臭いを消すのは難しくなります。

ですのでこれらはできればにんにくを食べた後すぐにとるようにしましょう。

また他にもチーズや牛乳などでタンパク質をとったり

柿やコーヒーなどでタンニンをとることで臭いを抑える方法などがありますので、

是非色々試してみてください。