ヒガンバナの花言葉は?別名や毒など どうしてお墓や田んぼのあぜ道に咲いているの??

higan4



主に9月中旬に咲くヒガンバナ(彼岸花)


その名の通りちょうどお彼岸のころに開花するため「死人花」「地獄花」「幽霊花」などという異名もあります。


また赤いものが一般的ですが他にも白いものや黄色いものなどがあります。



スポンサードリンク



ヒガンバナの花言



06d0f6cf852be7014986691087047eb2



ヒガンバナの花言葉は


「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「悲しい思い出」 

「思うはあなた一人」また会う日を楽しみに」


などがあります。


あとで述べますが墓の周辺などに植えられることが多く、
そこから故人を偲んでこのような花言葉がつけられたようです。



ヒガンバナの毒について



023482



知っている方も多いと思いますがこのヒガンバナにはがあり、特に鱗茎にアルカロイドというものを多く含んでいます。


間違って食べた場合吐き気や下痢などの症状が見られ、
最悪の場合には中枢神経が麻痺して死ぬこともあります。


ですがこの毒は長時間水にさらすことで無害化できます。


そのため戦時中などは非常用として食用されたこともあります。


また動物も同じようにこの鱗茎の毒を嫌ってヒガンバナを避けるようで、


水田の蛙や墓地に多く咲いているのはそのような特性を利用し、
害虫やネズミ、モグラといったものを近づかせないために人為的に植えられたためと考えられています。



ヒガンバナの別名



ef47551dcaeeed293a1ebd577c3e7609



最初に少し述べましたがヒガンバナには様々な別名があります。


別名の一つである「曼珠沙華」はサンスクリット語で天界に咲く花という意味があり、
おめでたい事が起きる兆しに赤い花が天から降ってくるという仏教の経典から来ています。


また韓国では「相思華」という名前があり、


これは秋には一夜にして真っ赤な花を咲かせ冬には花は咲かずに葉だけ生い茂るところを花は葉を思い、葉は花を思うと言われているからです。



ヒガンバナの名所



6f05ebdc6dfd125af91551c3aa79d2f0



最後に日本のヒガンバナの名所を紹介したいと思います。



  • 埼玉県日高市の巾着田

約500万本のヒガンバナが咲きます。最寄駅ではその時期になると臨時列車が停車したりします。

 
  • 愛知県半田市の矢勝川の堤防

約100万本のヒガンバナが咲きます。「ごんぎつね」の舞台として有名です。

 
  • 長崎県大村市の鉢巻山展望台

約100万本のヒガンバナが山頂に咲きます。期間中には鉢巻山彼岸花祭りが開催されます。


どれも素晴らしいものだと思うので興味のある方は是非行かれてみてはどうでしょうか?