二日酔いの対策や予防法には○○が大事!?迎え酒は絶対ダメ!!

c72aea84dab8c6081e23a4202c58cab8

お酒を飲む人は少なくとも1度は経験したことがある二日酔い。

飲んでいるときは楽しいのでどんどん飲んでしまいがちですが、
翌日の朝になってよく後悔するという方も多いのではないでしょうか?

そんな二日酔いについての記事です!

スポンサードリンク

二日酔いの原因は?

Zemanta Related Posts Thumbnail

まずどうして二日酔いは起きてしまうのでしょうか?

まずはそのメカニズムから紹介していきたいと思います。

アルコールを摂取するとまず体内でアセトアルデヒドという物質に分解されます。

その後アセトアルデヒドは酢酸に。
酢酸は水と二酸化炭素に分解され最終的には体内へと排出されます。

つまり

アルコール → アセトアルデヒド → 酢酸 → 水・二酸化炭素

となります。

実はこのアセトアルデヒドはとても毒性が強いもので、それによって気持ち悪くなったり吐き気がおこります。

なので二日酔いとはこのアセトアルデヒドが体内に溜まった状態のことなのです。

二日酔いの症状

Zemanta Related Posts Thumbnail

二日酔いの症状は様々で

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 喉の渇き
  • 胸のむかつき

などがあります。

どうして喉が渇くのかというとアルコールの持つ利尿作用によって水分が排出され脱水症状を引き起こしているからです。

またアルコールが胃粘膜を刺激するため胃酸が出すぎている状態となり胃炎を起こすことも多いです。

二日酔いを早く治すためには?

79916f42bf2503069fdbb2a8b2f13611

先ほど述べた通り脱水症状を引き起こしているので水分を多くとることが大事です。

また肝臓でアルコールを分解するときには糖分が必要なので、
ただの水よりもスポーツドリンクなどの糖分を含んだ飲み物を飲むといいかもしれません。

そしてもう一つ大事なことは睡眠をとることです。

風呂などに入ることで汗を流すのも悪くはないのですが、
心臓の弱い方には危険ですし、全身に血が行くことで肝臓に血が集まらなくなるため睡眠をとる方がアルコールが早く分解されます。

また「迎え酒」という二日酔いのときにもう1度お酒を飲むという方法もありますがこれは全く効果のないことなのでやめましょう。

二日酔いのときにお酒を飲んで症状が楽になるのはアルコールにより感覚が麻痺しているだけです。^^;

体には大きな負担がかかっているだけなのでやめましょう。

二日酔いの予防策

Zemanta Related Posts Thumbnail

二日酔いの予防策としては水を飲むことをオススメします。

酒を飲んだ後ではなく酒と一緒に飲むようにしてください。

またお酒を飲む前にちゃんと食事をとることも大事です。

食べ物を消化している間はアルコールは吸収されにくいです。

そして飲んだ次の日もちゃんと朝食を取るようにしましょう。