眠剤の種類や副作用など お酒との併用はよくない??

o035602405b1edc148317ad6e25557e5ed97cd079

夜眠れなかったり寝つきが悪い方の助けとなる眠剤。

睡眠導入剤や睡眠薬とも言いますが、

実はこれには多くの種類があることや副作用など

よく分からない方も多いと思います。

なのでこの記事ではそんな眠剤について分かりやすく紹介していこうと思います。

スポンサードリンク


眠剤の種類

 

606632_95114837

眠剤には多くの種類があります。

それは眠剤には鎮静作用催眠作用があり、

この双方のバランスによって様々なものができるからです。

また効き目が持続する時間も様々で、

寝つきが悪いという人であれば短時間でいいですが、

夜目が覚めてしまうという人は長時間効くものが必要ですよね。

なので服用する際には自分にあったものを正しい使い方でつかう必要があるのです。


眠剤の副作用

01afec61

次に眠剤の副作用についてです。

眠剤の副作用として多いのが翌日の眠気ふらつきなのですが、

実はこれは薬が効きすぎていることで起こるもので、

内服時間や眠剤の種類を変えることでよくなることもあります。

またよく言われる依存性ですが、

昔よく使われていた眠剤はたしかに依存性が強いものでしたが、

現在使われているものに依存性はほとんどありません。

眠剤が効かなくなるというのは依存性による症状よりも

ただ単純にもともとの症状がひどくなっただけということが多いようです。

また自殺などに使われる話もたまに聞くので

飲みすぎたら死んでしまうんじゃないの?

という疑問を持つ人もいると思います。

ですがそれは昔使われていた眠剤のことであり、

現在使われている眠剤の致死量は20000錠以上です。

おそらくどう頑張っても20000錠以上も飲めないと思うので

安心して服用できると思います。


眠剤とお酒の関係について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に眠剤とお酒の関係についてですが、

眠剤とお酒は絶対に併用してはいけません。

それは眠剤とお酒を併用すると眠剤の効果が効きすぎてしまい、

様々な危険性があるからです。

具体的には


  • 服用後の記憶喪失
  • 呼吸機能の抑制
  • 翌日のふらつきや眠気

などです。

もっと言えば意識障害昏睡状態になることもあり、

寝やすくなるからといってお酒と眠剤を併用することは

命に関わる事故につながってしまうこともあるので絶対にやめましょう。

眠剤は正しく使えばとても素晴らしいものです。

不眠症とはいかないものの夜眠れずに困っている方は

一度相談してみることをおすすめします。