もち米と炊飯器でお餅をつくる方法!!おいしいお餅の食べ方なども

02

毎年この時期になると食べたくなるお餅。


お店で販売しているものも悪くはないのですが、

やっぱり一番おいしいのはつきたてのお餅ですよね。


ですが普通の家庭でお餅をつくろうと思うと蒸し器や餅つき機などが必要で少し難しいと思います。


ですのでここではどの家庭にもある普通の炊飯器でお餅を作る方法を紹介しようと思います!


とても簡単なので是非皆さんやってみてください!

スポンサードリンク


お餅を炊飯器で作る方法


それでは早速お餅を炊飯器で作る方法を紹介していこう思います!



①もち米を炊く

 P1260132_m
 

まずはもち米を炊きます。


炊き方は普通のお米を炊くようにまずはもち米をとぎ、

次に1時間ほど寝かせておいた後、

普段普通のお米を炊く時と同じように水を入れて炊きます。


炊飯器にもち米コースなどがあるのでしたらそれを使えばいいのですが

なければ普通炊きコースで大丈夫です!


当然水の量もいつもと同じということになります。



②餅をつく

 2516f1ec496e8b70faa9e9b4dfc01a53
 

次に餅を実際につきます。


炊き上がったもち米をボウルなどにうつしてめん棒などでお米のつぶつぶ感がなくなるまでつきます。


本物の餅つきではたまに水をお餅につけますが、

今回の場合はお米を蒸すのではなく炊いているため

特に何もせずそのままついて大丈夫です。


ですがもち米がめん棒などにくっついてやりづらいようでしたらたまに水をつけてもち米がくっつかないようにするといいと思います。


少し大変な作業ですが頑張ってつきましょう!



③餅を丸める


IMG_00721
 

最後に餅を丸めます。


そのままではくっついたりしてやりづらいので手に片栗粉をつけて丸めます。


また丸めた餅も普通に皿の上などに置くとくっついてしまうので

下にくっつかないように片栗粉を薄く引いたところにおきましょう。


これで完成です!!



自分でお餅を作ることの利点


id00051


いかがでしたでしょうか?


お餅をつくるとなるととても難しいことのような気がしますが

実はこんなに簡単にお餅がつくることができるのです!


またできたお餅は当然のことながら普通のお餅と同じように食べることができます!


なので例えばオーブントースターで焼いたり、お雑煮にしたりなど様々な楽しみ方があると思います!!


ちなみにコチラのページには普通とは違う変わった美味しいお餅の食べ方が

いくつも紹介されているので是非参考にしてみてください。^^

お餅に何をつけて食べますか?こんなお餅の食べ方どうでしょう!

【病み付き注意】余ったお餅で簡単に!皆がハマる餅レシピ・食べ方



また自分でお餅を作ることの利点としては炊く時の水の分量やお餅をつき加減などを自分の好きなようにできるということがあります。


水の分量や時間などを少しずつ変えていって

一番自分がおいしいと感じるお餅をつくってみるのも楽しいと思います!