熱中症とは??症状や対策や応急処置など

o0800045012610384251

暑い日が続きますね。

これだけ暑いとやはり気をつける必要があるのが熱中症だと思います。

「熱中症なんて今更大丈夫です!」という方もいるかもしれませんが本当にそうでしょうか?

熱中症の正しい対策や処置の方法、もっというと熱中症とは一体体の中で何が起きている状態のことを言うのか。

雰囲気は分かるけど説明はできない人は意外と多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

熱中症とは?

584dcca9f678dfebd98fd12cf1be9e70_l

熱中症とは一体どういう状態なのかというと、体の中の熱をうまく放出することができなくなってしまうという状態のことをいいます。

人間は暑くなると汗をながしたり、皮膚に多く血液を流したりすることによって体の体温を下げようとします。

しかし、暑い状態が続き大量の汗を流すと水分や塩分が失われ、汗が出なくなったり血液量に影響がでます。

そういったことにより、体の体温をうまく保てなくなり熱中症となってしますのです。

 

熱中症の症状と対処方

熱中症の症状には実はその症状の重さによって三段階に分けることができます。

Ⅰ度・・・めまい、失神など

Ⅱ度・・・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感など

Ⅲ度・・・意識障害、けいれん、高体温など

対処方としては基本的にはまず体温を下げることです。

涼しいところに行って水分を補給したり、体を冷たいもので冷やしたり、水をかぶったりと色々出来ると思います。

この時の水分補給ですが、ただの水ではなくスポーツドリンクなど塩分やミネラルが入っているものをとってください。

ただの水をたくさんとると体内の塩分濃度が薄まり、また尿としても水分が排出されたりするので脱水症状を引き起こす原因となってしまいます。

塩分の補給には味噌汁やスープなどといったものも効果的です。

症状が重い場合(Ⅱ度、Ⅲ度)の時は病院に行ったり、場合によっては救急車を呼ぶといったことも大事です。

 

熱中症の予防

Zemanta Related Posts Thumbnail

熱中症の予防として、やはり1番大事なのが水分補給です。

喉が渇いたなと感じたころにはすでに水分が失われているということですので、喉が渇く前にこまめに水分をとることが大事です。

また体調が悪い時は体温調節機能が低下しているので、普段よりも気をつけましょう。

高齢者や小さい子供は成人と比べると体温調節機能が劣っているため、そのぶん熱中症にかかりやすいです。

周りにいる場合は、自分は大丈夫であってもしっかりと気を配るようにしましょう。

たかが熱中症ですが、本当に重い場合では死につながるケースもあります。

これからの夏を楽しく過ごすためにも皆さん熱中症には十分気をつけるようにしましょう。