【上級者編】テニスラケットの選び方について!これだけはするべき4つのこととは!?

tennis (1)

テニスというスポーツにおいてとても重要な役割を果たすテニスラケット。

ですが意外にもそのテニスラケットを適当に選ぶ方は多いです。

そこでここではそんな方のためにテニスラケットの選び方について紹介していきたいと思います!

ちなみにコチラの初心者編のテニスラケットの選び方について載っているので是非参考にしてみてください。

【初心者編】テニスラケットの選び方について!フェイス面積や重さなどについて

スポンサードリンク

【上級者編】テニスラケットの選び方について

racket4

それでは早速テニスラケットの選び方について紹介していきます。

フェイス面積やウエイトなどの基本的な項目に関しては初級者編を参考にしてください。

この上級者編ではそれらをふまえた上で自分に合ったラケットを探す方法を@つのポイントに分けて伝えていきます。

①購入する前にどのようなラケットが自分に合っているのか真剣に考える

kangaeru

まずは購入する前にどのようなラケットが自分に合っているのかちゃんと考えることが大事です。

自分に合っているラケットの条件としては自分のいいところを伸ばして悪いところを補ってくれるということが一番理想です。

力のない人は飛ぶラケットを、

逆に飛びすぎる人は飛ばないもしくは回転がかかりやすいラケットを

などという風に一度自分の頭の中で理想のラケット像を考えてみましょう!

分からない人は友人やコーチなどに聞いたりしてみるのもアリですし、

自分の目指すプレースタイルをしている選手の使用しているラケットを参考にするのもいいでしょう。

間違っても見た目が格好いいからなどという適当な理由でラケットを購入することだけはやめてくださいね^^;

②試打をする

tennis-for-all-2

よく一度お店に行って適当に雰囲気でラケットを選ぶ人がいますがそれはあまり賢いラケットの選び方とは言えません。

たとえどれだけスペックが自分にあっていても実際に打ってみると

「あれ?なんか違う、、、」

となることは結構多いです。

もちろんガットの種類による差もありますが、

やはり打感や振った感じなどはラケットによるものが大きいです。

ですのでラケットを購入する前は必ず何本かラケットを借りて試打するようにしましょう!

また試打する時に気をつければいけないことがあります。

それは打った時の感触だけを気にするのではなく打ったボールをよく見ることです。

打った感触ばかり気にする人がいますが、

テニスで本当に重要なのは自分が打ったボールの威力や軌道です。

しっかりとそのあたりのことも考えながら自分に合ったラケットを探しましょう!

③新しく発売されるラケットは昔の物よりもいいということではない

tennis (2)

次に新しく発売されるラケットは昔の物よりもいいということではないということです。

どうしても古いモデルのラケットよりも新しいモデルのラケットの方が性能がよさそうに見えますが実は必ずしもそうではありません。

もちろん何十年も昔の物と比べれば今の方が性能がいいのはたしかですが、

ここ7、8年程度では正直なところあまり差がないように感じます。

実際プロの選手でも今は発売されていない昔のラケットを使用している選手もたくさんいます。

もちろんニューモデルのラケットもスペックを確認して評判なども聞いた上で購入するのはいいと思いますが、

個人的にはニューモデルのラケットは試打できないことが多い上に値段も高いのであまりおすすめしません^^;

また5年以上前くらいの古すぎるラケットの場合は生産中止となってしまい中古でしか購入する手段がない場合があるのでやめた方が無難です。

④全く今までとは違うようなラケットにも手を出してみる

tenisu

最後に全く今までとは違うようなラケットにも手を出してみるということです。

今まで触ったことのないようなタイプのラケットでも使用してみると意外と自分にあっていることはあります。

食わず嫌いではありませんがやはり先入観から可能性を消してしまうのはもったいないことです。

「さすがにこれは自分に合っていないだろう」

と思うようなものも、

変な先入観を持たずに使用してみると新たな発見があるかもしれませんよ^^

最後に

tennis_0002_2560

いかがでしたでしょうか?

色々書きましたが一番大事なのは試打するということです。

面倒臭がって試打をしない人がとても多いですが自分の購入するラケットは最低一回は必ず打つことを強くすすめます。

ラケットは安い買い物ではありません。

しかもトーナメントの上の方まで勝ち残ろうと思うような人の中には3本以上購入する人も多いはずです。

購入してから後悔しないためにもしっかりとラケットを購入する際は慎重に時間をかけて選ぶようにしましょう。