エアコン以外で部屋を涼しくする方法について!

6a01287628057f970c0120a7252707970b-800wi



だんだんと暑さがましてきていよいよ本番の夏を迎えるといったこの季節ですが、


やはり不安なのはエアコンなどによる電気代ですよね?


7月、8月はエアコンやクーラーなどもつけっぱなしで、
電気代も跳ね上がってしまうという人も多いのではないでしょうか?


それに冷房のつけすぎは体にも毒です。


そこでこの記事ではそんな人のためにエアコンを使わずに部屋を涼しくする方法について紹介しようと思います!


この記事を読んで皆さんも冷房の使用をなるべくおさえて暑い夏を乗り切れるようになりましょう!



スポンサードリンク





今すぐにでもできる暑さ対策!



kplanning_hrms0026



それでは早速紹介していきましょう!


まずは今すぐに誰でもできるような暑さ対策です。


今暑くて仕方がないという方はとりあえずまずコチラを実践してみてほしいと思います。




・窓の開け方を工夫する


空気を循環させるために窓をあける人は多いと思いますが、
実はここにはいくつかのテクニックがあります。


それは


・対角にある2箇所の窓を開ける
・窓が一つしかない場合は窓と部屋のドアをあける
・風を入れる側を全開にして空気を出す側を細めにあける
・2階建ての場合は上の階の窓をあけ下の部屋から空気を通すようにする



ということです!


「風を入れる側を全開にして空気を出す側を細めにあける」というのは、
これをすることで風の勢いが増すというメリットがあるからです!


また上の階に行けば行くほど屋根の熱で空気が暑くなります。


ですので上の階の窓を開けることで暑い空気を外に逃がすことができるので暑さ対策になるという訳です!


また空気の循環という意味では換気扇を回すというのも効果があります。


特にキッチンなどは使用した直後は暑い空気でいっぱいになりますので、
しばらくは換気扇を回しておくことをオススメします!




・扇風機の使い方を工夫する


一般的に人に向けて回す扇風機ですが、実はこれにも使い方を工夫することで部屋全体を涼しくすることができます。


それは扇風機を外に向けて使用することです。


こうすることで部屋の中の暑い空気を外に循環させることができます!


ちなみに部屋の中というのは電化製品による熱などがあるため基本的には外よりも温度は高いです。


自分に向けて扇風機を回すのは部屋の中の暖かい空気を循環させているだけなので、
あまり効率はよくないようです。


ですがそれでも自分に向けて使用した方がいい場合もあると思います。


そういう時は扇風機と自分の間に凍ったペットボトルや保冷剤をおくことでより涼しく感じることができると思うのでオススメです!(^ ^)



ひと手間加えることで部屋を涼しくする方法



f0008935_16475695



次にひと手間加えることで部屋を涼しくすることができる方法についてです。


すぐにできないかもしれませんがそこまで大掛かりなことをする訳でもないので是非皆さんチャレンジしてみてください!




・日光を遮断する


日光を遮断することで部屋を涼しくすることが可能です!


ここで一つポイントなのは部屋の中に入ってくる日光だけでなく窓全体に降り注ぐ日光を遮断することです!


部屋に入ってくるものを遮断するだけでも効果はあるのですが、


それだけだと窓自体が熱くなって結果的に部屋の温度を上昇してしまうのを防ぐことができません。


できれば窓の外にすだれなどを使用することで日光を遮断するといいと思います!




・部屋を青系にする


嘘みたいな話ですが部屋の色を青色っぽくすることで部屋を涼しくすることができます。


正確には涼しくするのではなく「涼しく感じるようになる」といった表現の方が正しいです。


一般的には青系色は赤系色に比べ感覚的に3度ほど涼しく感じさせる効果があると言われています!


まあ気持ちの問題です。(笑)


ですが効果はたしかにあるとは思いますし、これを機に部屋の内装をオシャレな感じにしてみても楽しいと思うので是非チャレンジしてみてください!!^^