酉の市とは?一の酉、二の酉、三の酉などについて

6349489583_f76e403097_z

毎年11月に各地の神社などで行われる酉の市。

ですが一体これにはどのような意味があるのでしょうか?

またどのような由来があるのでしょうか?

そんな酉の市についての記事です。

スポンサードリンク


酉の市とは?

IMG_0372_1_3_1

酉の市とは毎年11月の酉の日に商売繁盛を祈願して行われるお祭りのことです。

主に関東地方で行われますが、

日本各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)でも行われています。

酉の日は全部で3つあり、

一の酉、二の酉、三の酉となっています。

これらの酉の日は12日おきにやってくるため三の酉がないという年もあり、

また三の酉がない年は火事や災いが多いとされていて

その年は火難や災難よけのお守りを飾ることもあります。

露店などがいくつも出店し、

とても賑やかなお祭りとなっています。

また多くの露店では縁起物の「熊手」というものを売っており、

年末の風物詩としても有名です。


熊手とは?

67dd3212

熊手とは長い柄の先に熊の手のような形をした爪をつけたもので、

もともとは武器として敵を馬上から引きずり下ろしたりするためのものでした。

この酉の市で売られているものは縁起熊手といい

「福をかきこむ」と言われ、

開運招致や商売繁盛を願っています。

シンプルなものから縁起物がたくさんついて派手なものなど、

その種類は様々ですが、

自分がこれがいいと思ったものを買うのが一番いいようです。

またこの熊手の飾り方ですが、

しっかり福をかきこむためには目線より高い位置に飾るのが一般的で、

玄関に飾るのが最も定番なようです。

また正面を北に向けて飾るのは縁起がよくないとされているので

注意が必要です。