赤ワインと白ワインとロゼワインの違いは?その特徴など

10051944775

主にブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料であるワイン。

特殊なものを除けば赤ワイン、白ワイン、ロゼワインの3種類がありますが、

一体これらはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

スポンサードリンク


赤・白・ロゼの違い

wine_03

まずはそれぞれの違いを説明しようと思います。

まず赤ワインと白ワインですが

これらの違いは主に原料にあります。

見た感じからも分かると思うのですが

基本的には赤ワインは黒ブドウ品種からできており、

白ワインは白ブドウ品種からできています。

そして知らない人も多いロゼワインですが

これは赤ワインと白ワインの中間のワインのことで、

ピンク色をしたとても華やかなワインです。

次にそれぞれのワインについて説明していこうと思います。


赤ワインについて

img36567244

赤ワインとは果皮・種・果汁を一緒に発酵させてつくられるワインで、

その特徴としては美しい赤色と独特の渋味が挙げられます。

美しい赤色はブドウの皮から、

独特の渋味はブドウの種から来ており、

皮や種を取り除かずそのまま発酵させる赤ワインならではだと思います。

また一般的には赤ワインには辛口のものしかなく、

香りをよくし苦味を抑えるため冷やさずに飲むのも一つの特徴です。


白ワインについて

White-wine-drinkers-pour-themselves-bigger-measures

白ワインとはぶどうの果汁だけを発酵してつくられるワインで、

そのため辛口のものから極甘口までとても甘さに幅があり、

苦味がなくさっぱりとしていて飲みやすいのが特徴です。

初めてワインを飲むならこの白ワインが一番飲みやすいと思います。

この白ワインは基本的には冷やして飲むことが多く、

6~12℃位がちょうどいいとされています。


ロゼワインについて

70f18ec3354ad73b2b2d9f89d2742665_l

ロゼワインとは赤ワインと白ワインの中間のワイン

赤ワインと同じ方法で発酵を始めたあと

少し色づいてきたあたりで果皮などを取り除くマセレーション法や

赤ワインの原料である黒ブドウ品種を

白ワインと同じ方法で発酵させる直接圧搾法など様々な方法でつくられます。

特徴としてはフルーツの香りがのこる新鮮なものが多く、

辛口から甘口まで味の幅も広く、

さっぱりとしているのが特徴です。

白ワインと同じように冷やして飲むのが主流で、

見た目も美しいため何かお祝いごとなどで飲まれることも多いようです。